2013年6月22日

6月11日(月)スイス最高級ワイン産地ボー州デザレ そして帰国!

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

昨日の日曜日は、一日お休みをいただき、ジュネーブからは200キロくらい離れたヴァレー州のリゾート地標高約1500メートルのクランモンタナへゴルフツアーに行きひと休み。
月曜日は今回の最終訪問地、ボー州のラボー地区にある世界遺産のぶどう畑へ。その中でもスイス白ワインの最高峰、シャスラー種のデザレの畑はレマン湖のほとりの断崖絶壁にある。今回は作業用のケーブルに乗せてもらい畑を隅々まで見せていただいた。
石灰岩土壌の南向きの急斜面に張り付くような段々畑にぶどうが植えられており、年間平均230日程度の晴れの日があるというスイスのリビエラと呼ばれる場所だけに、意外にも太陽の光をいっぱい浴びる環境が整っており、そのワインは果実味豊かな芳醇な味わいの<岩清水のような>爽やかなかつ余韻の長いコクを感じるワインである。レマン湖と対岸のモンブラン山塊、そして緑豊かな段々畑のワイン街道、この景色はどこにもない至上のもの。
近年世界遺産として登録されたのもうなずけるものだ。ぜひ一度訪れることお勧めしたい。今回の出張旅行はここまででジュネーブ、パリ経由東京に12日に元気に帰国した。
今回の出張では、特にボルドーにおいて、ぶどう畑の有機栽培化、畑仕事重視への回帰、ぶどうが本来持っている果実味の大切さなどボルドーワインの新しい流れを感じることができた。自然の中で農業をする楽しさ、その笑顔を提供してくれたたくさんの造り手の
友人のみなさに感謝!!

6月7日(金)ボルドー最終日!グラーブ ペサックレオニャン ソーテルヌ

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

このボルドーの一週間は快晴続き。春以来のお天気続きということで、水分がいっぱいの土壌と太陽で、ぶどう畑はあっという間に小枝も伸び葉も茂ってきた。ぶどう生産農家も
やっと少し安心できた気持ちの一週間。幸いわれわれの旅も順調にスケジュールをこなすことが出来た。今日ボルドー最終日の朝は、来る度にお世話になっているグラーブとペサックレオニャンに畑を持つポルトガルにルーツを持つホセ ロドリゲス氏との再会。彼はこの一年でさらに新たなホテル付きのシャトーと畑を買い増し意欲的に彼の畑とワイン作りに邁進している。彼は信念として、畑もカーブも雑菌やカビなどの菌類を極力排除した
ピュアーなワインが美味しいワインであると。仕事も的確でとにかく早い。信念のワイン醸造家だ。この姿勢が認められ数年前のモナコ皇太子の結婚式用に皇太子好みのアルコール度数の低い余韻の長いロゼワイン作りを依頼されたことは、賞賛されよう。
そして、午後はソーテルヌボム村のシャトー レイニュ ヴィニョーへ。丘の上から見える広大なぶどう畑は見事。数回にわけて摘み取られる貴腐ぶどうのから、長期間の熟成を経て出来たここのソーテルヌの美しく上品な味わいに酔いしれることができた。帰り道、霧が発生するというシロン川を通ったが、意外にもこんな小さな小川からソーテルヌの高貴なワインができるとは、自然は不思議なものだ。この夜は、毎日の接待でボルドーの鴨、子羊、牛の肉料理で疲れたお腹を休めるべく、ボルドーの旧市街のテラスレストランで、アルカッションの牡蠣とアントウルドメールのソービニヨンブランで旅の無事に感謝すべく、乾杯!(館野)

2013年6月21日

6月6日(木)サンテミリオン グランクリュ シャトー巡り

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

サンテミリオン村旧市街の朝は静かだ。歴史が数百年前から止まっているかのように。
今日は朝から、楽しみな一日。朝一番は昨年サンテミリン グランクリュの最高峰シャトーAに昨年昇格したシャトー アンジュルス。そのこともあって、現在シャトーは大改装中で、内部は工事中、一般の訪問は難しい。今回は特別にシャトーの建物の上にあるこのシャトーの象徴である鐘から君が代の音のメロディがげ迎えてくれた。粋な計らいだ。
テースティングは、このシャトーのオーナーが住んでいるアンジェルスの館とブドウ畑を一望に見渡せるシャトーベルヴューで行われ、2006年ものを試飲。ミッシェル ローランが
がアドヴァイザーとして参加して以来、品質は急激に上昇、今回の最高峰への昇格に繋がったこのワイン、メルロとカベルネフランが約半々。まろやかで芳醇な果実味は流石に特別なものであった。
その次の訪問はドルドーニュ河とポムロール村にも近い、粘土砂質層の土壌のサンテミリオン シャトー カントナック。初めての訪問。名門の家柄ながらオーナーのお母さんと
二人の兄弟で運営している家族経営のワイナリー。メルロー中心の柔らかいタンニンと
酸味 果実味のバランスが素晴らしいワインであった。
今日最後の訪問は、カスティヨン地区に近いシャトー。ベルナトー。
このシャトーはちょうど両親の代から息子夫婦に代変わりの時期を迎え
伝統を守りつつ、新しいぶどう畑とワイン造りに移行しつつある。そのワインはメルロー中心の柔らかく果実味豊かな誰もが美味しいと感じる家族愛に満ちたワインだ。
サンテミリオンの旧市街の広場にあるビストロでこのご夫妻との夕食は、ご自宅に招いていただいたような素敵な時間を過ごすことができた。(館野)

2013年6月20日

イギリスのスパークリングワイン 『Nyetimber 』受付中

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

今回7月にエスプリで出すワインをご紹介します。

Nyetimber1998.jpg

Nyetimber Classic Blend Brut1998
Nyetimber Classic Blend Brut1995

地球温暖化の影響(恩恵?)で注目を集める英国。
英国南部は海洋性気候のため温暖で、ドーバー海峡を越えたシャンパーニュ地方と同じ白亜質土壌が続いていると発表されています。
シャンパンメゾンも土地を購入し始めている大注目エリアです!!

是非一度飲んでみてください。その素晴らしさにびっくりすることでしょう。


ワダ

2013年6月19日

6月5日(水) ジロンド河横断!

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

今日もボルドーは晴れ。徐々に気温も上がりブドウ栽培農家のみなさんにも笑顔が見られるようになってきた。今週中は晴れが続くという。開花の遅れも少しは取り戻せそう。
今朝は2泊お世話になったメドックの定宿シャトー・メールを後にし、ラマルクの港からフェリーに乗りジロンド河を横断、対岸のブライに向う。もちろんボルドー市街を回る周回高速道路ロンドを使う手もあるが、渋滞も激しく、ほんの30分のフェリーの旅で行ける
このルートは地元の皆さんにとっても、無くてはならない便利な足だ。ただ日本人にとってはまっ茶色の大河ジロンドを渡るには、少々心細いフェリーの大きさ。しかし甲板に車を止め気持ちの良い川風に当たりながら見るジロンド河、メドック、ブライの大地は、
本当に素晴らしい。メドックからサンテミリオン方面に行かれる旅に行かれる方に是非利用されることお勧めしたい。(館野)