2013年9月29日

2013年度ドイツワイン・ケナー及び上級ケナー呼称資格認定試験

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2013年度ドイツワイン・ケナー及び上級ケナー呼称資格認定試験
ドイツ001.jpg

が始まっております。
JSAを受けて、もうひと踏ん張りできる方は、是非お勧めいたします。
ドイツ002.jpg

ドイツワインの面白さは、なんといっても、ほのかな甘みを持った味わいにありますね。この甘さが日本の料理に合うのです。
日本の料理は砂糖を使うアジア特有の文化の中でも、香辛料をあまり使わない、素材を中心とした料理ではないでしょうか?

此のことが、様々な魚や肉の微妙な味わいの違いが分かるようなところがあるのです。
ほかの国の場合はどうしても調味料、ハーブなどを多用していること多いと、白ワインは少し合わせにくくなってしまうようです。

肉の中でも火を通すと白く変わる肉ですと、ソースにもよりますが、白ワインにも合わせやす物も多くありますね。

ドイツの料理というと、芋、ソーセージ、シュークルート、ゆで豚、アイスパインなどが有名ですが、何れも茹でると白くなる肉を使っておりますね。
芋とソーセージ
ソーセージ.jpg
ウインナーシュニッツエル 玉ねぎソース
ウインナーシュニツェル玉ねぎソース.jpg
アイスパイン
アイスパイン01.jpg
それに、野菜はアスパラガスがドイツではよく食べられている様子。春先に出る白アスパラガスはその美味さたるや他を圧倒します。
アスパラ
ドイツ005.jpg
アスパラムースリーヌソース
ドイツ006.jpg
その国はその国の料理があり、食文化を通して歴史、文化がより身近になることが一番楽しことかと思います。

日本でオリンピックが7年後に東京で開催されることが決定し、その『お・も・て・な・し』の意味を含めその国の食文化を見つめなおすのも良いことなのかもしれませんね。

ポケットでは10月14日にドイツワインと日本料理のワイン会を開催します。
日時10月14日16:00より
料金 非会員 5900円
    会員  5250円

募集要項は連合会のホーム‐ページより転載しております。

日時 2013年10月20日(日) 14:00~16:00

会場 連合会館(旧総評会館)
(東京都千代田区神田駿河台)

試験内容 筆記試験及びドイツワイン・ブラインドテスト

出願期間 2013年7月1(月)日~10月4日(金)

受験料 7,000円 (テキスト代2,000円含む)

受験申込書・入金が確認出来次第テキスト「ドイツワインの
魅力」を送付致します。また、テキストのみの販売も致します。
メールにてお問い合わせください。

フランスの牡蠣

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

フランスの牡蠣事情

フランスの貝類の王様は何といっても生牡蠣。

パリでは冬になると、市場に牡蠣専門の露天商が立ちます。街角のカフェのテラスにも、牡蠣バーが特設され、レストランに行かなくても、カフェで気軽に、しかもリーズナブルに生牡蠣を味わうことができます。
牡蠣002.jpg

フランスの牡蠣の産地としては、ブルターニュ、ノルマンディー、シャラント・マリティーム、アルカシオンなど大西洋側の地域が特に有名。
日本でいう三陸沖、山田、石巻、松島、広島などに匹敵するのでしょうか。

いろいろな種類がありますが、ポピュラーなのは、小粒でなフィーヌ・ド・クレールFine de Claire/シャラント・マリティーム県マレンヌ町。フランスの牡蠣は貝独特の臭みや苦味がなく、小粒で淡白な味わいなので、日本で食べられない方も食べられいくらでもするする入ります。

美食家の間で人気が高いのは、ブルターニュ地方のブロン川で養殖されるブロン牡蠣(Belon)。丸くて平らな形をした高級牡蠣で繊細な舌触りが特徴。
牡蠣001.jpg
Belon以外の牡蠣は実はほとんどが宮城県石巻産のDNAを持っているといわれます。

今から40年前、フランスの牡蠣が赤潮の影響により全滅した経緯があります。
その時に最初はスペインの牡蠣を養殖したのですが、定着せずに日本の牡蠣に注目。
味がよく、小ぶりな三陸産の牡蠣が今度はフランス試験所で養殖されたそうです。
それが定着し、現在に至っているのです。

そのため、フランスの一部では原種がそのまま使っておりますが、多くは宮城県石巻産の牡蠣なのです。
しかし、養殖方法全く違うため安定するまでの時間がかかったと伺いました。
フランスの牡蠣養殖の風景
牡蠣006.jpg

日本の牡蠣養殖風景
牡蠣005.jpg
それがまた、被害が発生しております。

海温の上昇による、異常なプランクトン発生によるとも言われています。


2013年9月21日

JSA2次試験終了。

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

9月17日一年間の集大成。JSAソムリエ、ワインアドバイザー,ワインエキスパート認定2次試験が終わりました。
本当にお疲れ様でした。

月曜日は台風で電車が止まり、ポケットの最終ワインテイスティングにこられない方もいらっしゃいました。
13.JSA2ji000.jpg
13.JSA2ji003.jpg

13.JSA2ji006.jpg
13.JSA2ji007.jpg
13.JSA2ji008.jpg

こられなかった方は本当に残念でしたね。

17日は2次が終わり、皆様がポケットにいらっしゃり打ち上げが始まったのは4時30分。
先ずは、イタリアプロセッコで乾杯です。
13.JSA2ji020.jpg
6時にテイスティングアイテムが発表になるまでの時間、そわそわと皆様大変な緊張の面持ち。

いざ発表の時間。

ため息と、歓喜、入り混じった時間。

ソムリエの方は3種のワインと2種のワイン以外の飲み物。
ワイン・アドバイザーは3種のワインと2種のワイン以外の飲み物。
ワイン・エキスパートは4種のワインと2種のワイ以外の飲み物です。
ソムリエ2次アイテム.jpg

が、発表になりました。
とりあえず発表になったものの、納得のいかない方も多数いらっしゃったようです。
結構それからははじけまくっておりました。


飲んだワインの数!!(@_@。
13.JSA2ji067.jpg