2013年6月22日

6月11日(月)スイス最高級ワイン産地ボー州デザレ そして帰国!

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

昨日の日曜日は、一日お休みをいただき、ジュネーブからは200キロくらい離れたヴァレー州のリゾート地標高約1500メートルのクランモンタナへゴルフツアーに行きひと休み。
月曜日は今回の最終訪問地、ボー州のラボー地区にある世界遺産のぶどう畑へ。その中でもスイス白ワインの最高峰、シャスラー種のデザレの畑はレマン湖のほとりの断崖絶壁にある。今回は作業用のケーブルに乗せてもらい畑を隅々まで見せていただいた。
石灰岩土壌の南向きの急斜面に張り付くような段々畑にぶどうが植えられており、年間平均230日程度の晴れの日があるというスイスのリビエラと呼ばれる場所だけに、意外にも太陽の光をいっぱい浴びる環境が整っており、そのワインは果実味豊かな芳醇な味わいの<岩清水のような>爽やかなかつ余韻の長いコクを感じるワインである。レマン湖と対岸のモンブラン山塊、そして緑豊かな段々畑のワイン街道、この景色はどこにもない至上のもの。
近年世界遺産として登録されたのもうなずけるものだ。ぜひ一度訪れることお勧めしたい。今回の出張旅行はここまででジュネーブ、パリ経由東京に12日に元気に帰国した。
今回の出張では、特にボルドーにおいて、ぶどう畑の有機栽培化、畑仕事重視への回帰、ぶどうが本来持っている果実味の大切さなどボルドーワインの新しい流れを感じることができた。自然の中で農業をする楽しさ、その笑顔を提供してくれたたくさんの造り手の
友人のみなさに感謝!!

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事