2012年5月30日

イタリアモデナ地区の地震

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

ポケットワインサロン主宰和田健二です。

本当に久々にブログ更新です。

ご存知の方も多いと思いますがイタリアエミリアロマーニャ州、モデナ地区で
大きな地震があり、死傷者も出ています。

なかでも、ポケットに関係あるチーズの有名産地なのです。

パルミジャーノ・レッジャーノ生産地区に大きな被害

ボローニャ北部の地震の被害はかなりの範囲で広がっています。
5月20日の地震で、パルミジャーノ・レッジャーノの熟成庫の棚から熟成中のチーズが落下し、被害を受けました。その数は、30万個と伝えられ、その半分はかなり損傷しているそうです。損害額は100億とも200億とも報じられています。熟成を続けられそうな玉は、新たな熟成庫を探したり、12か月未満のものはプロセスチーズや業務用の用途を検討したりと、対応に追われていました。

余震が続いている中、昨夜再び大きな地震が起こりました。
多くの死者もでていますし、避難生活を余儀なくされている人もいます。
ライフラインもまだ戻っていなく、人間はもちろんですが、牛たちも不安な状態です。
とくに、被害が大きかったモデナは昨年10月に訪ねた、白牛の生産者たちがいます。トスカーナ地方との境界にある美しい山々を思い出します。ゾッカのロゾラの酪農場「ROSOLA DI ZOCCA」の代表、アレッサドロ・マルキさんが呼ぶと牛たちが集まってきました。
白牛のパルミジャーノ・レッジャーノの生産は1日たった1個、か2個。輸送を手配してくれたエレオノーラはテント生活を余儀なくされています。
多くの酪農家、カゼイフィーチョ(製造所)、熟成庫の人たちを思うと心が痛みます。私たちにできることを、少しずつ始めたいと思います。
作成: 本間 るみ子

ということなので、何かできないかと皆様のお知恵をお借りしたく存じます。

和田