2012年1月21日

寒い

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

昨日今日と、本当に寒いですね。

いかがお過ごしですか?

ポケットでは、ワイン初級講座、チーズ初級講座が始まりました。

昨日もみぞれの中、とっても寒いのにワイン、チーズの受講にたくさんの方々が
集まっていただきありがとうございます。

チーズは、金曜日、土曜日だけになっておりますが、
受講したいのですが、曜日、時間が合わないなどという声が幾つかありました、

新たに、金曜日の夜を新設することになりましたので、是非
この機会に、受講を考えている方はいらっしゃってください。

また、ワインの上級講座が昨日から始まり、
出てくるワインは、なんとボルドー61シャトー、
料理も牡蠣のスープふろふき大根とトリフ添え、
ラムチャックロールのロースト軽い仙台味噌風味
などと合わせてみました。

是非この機会にいらっしゃってください。

2012年1月18日

料理とワインと芸術

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

料理は一瞬の芸術だと思う。


o0800041511279715472.jpg

盛り付けた時の食材のカタチ、色調とソースの配色。
ナイフ、フォークを入れた瞬間にそれは崩れ、消えてしまます。

ホッキ貝とオマール海老のサラダ仕立てロックフォールソース.jpg


今度は3次元の楽しみが生まれます。
食材の歯ごたえ、噛んだときに出る音、ジュース等、渾然一体となり
新しい味わいが生まれてきます。

更に、その料理と合うワインをとなると4次元にもなる。

ワインと料理、奥の深いものですね。

2012年1月17日

味わいの感覚 と聴覚

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

嫌いなものはいつまでも嫌いとう子供のような味覚を持った大人が多くなっているような気がします。


子供のとき嫌いなものを食べる時、鼻をつまんだり、目を瞑って食べるのは視覚と嗅覚を閉ざせば味が感じにくくなるからなのでしょう。

音が聞こえない上他でも味わいは感じるものですから、耳をふさいでも味の感覚は鈍らないでしょね。

だから耳をふさいで食べる人はまずいないでしょう。

とは云え、大きな雑音や金属音の中では味は感じられませんし、早いリズムの音楽の中でゆっくり味を楽しむのも難しいでしょう。

カウンターやオープンキッチンや家庭などでは調理音も調味料のひとつになりますね。

お母さんの台所から聞こえる、リズミカルな包丁の音、揚げる音、焼く音、コトコトと煮る音で味覚への期待感が高まります。


口の中で弾けるような音。

せんべいを食べるバリバリ、パリパリ、ボリボリ。
せんべい.jpg
生野菜を食べた時のシャキシャキ。
野菜.jpg
数の子のプチプチ

数の子.jpg

沢庵や梅酒の梅などをかじった時のカリカリ。

たくわん.jpg
梅酒の梅.jpg
多くの擬音語で歯ざわりを表現している日本人は音を味のひとつとして楽しんでいるのでしょう。

2012年1月16日

五感にによる感じ方

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

人間の嗅覚は犬のように優れてはいません。

しかし、その香りで何かに例えることもできます。
ワインの香りは香りを何かに比有することから始まってきます。

これは人間でしかできないことでしょう。
例えば、若い白ワインの酸味の効いたキリリとした味わいのワインであれば
きっと、その香りで、柑橘系のフルーツの香りを想像するかもしれません。

視覚、触覚、聴覚、嗅覚がそれぞれ味覚に干渉し私たちは美味しさを感じています。

舌で感じる「基本五味」に温度、食感などの触覚要素を加えて「味」。

「味」に香りを加味したものが「風味」。
「風味」に視覚要素、色どり、ヴォリューム感などを加えて「美味しさ」と云うそうです。

私たちの感性は味覚センサーではありませんので、すべての感覚が感じた総合的な「美味しさ」を楽しんでいるわけですね。

味覚で正しい分析ができるより、美味しい錯覚で楽しめる方が幸せです。

IMG_1441.jpg

2012年1月11日

2012年新規のチーズとワイン講座

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2012年あけましておめでとうございます。
昨年は3月の震災やポケットのイベントでは大変お世話になりました。

本当にありがとうございました。

久々にブログを書くと何を書いていいのかと思ってしまいます。

イタリアンはしばらくの間お休みすることになりますが、
体制が整い次第、再開する予定です。

本当にイタリアンの生徒様には大変ご迷惑をおかけして
しまいました。申し訳ありません。
再開するときには、大々的に告知をする予定ですので、
どうぞその時には是非お待ちしております。

イタリアンの新しいメニューとシステムを考えてみますね。

さて、今年はチーズの先生として今、チーズを勉強中です。

ワインだけの知識よりも、チーズをしっかりと勉強してみると
新しいモノが見えてきますね。
今まで気にもしていなかったものが、不思議とよく見えます。

チーズはワインよりもとても細かな法律を持っていたり、
産地をワインとは違う名称があったりと、中々面白いものがあります。

ワインの講座はチーズは出ませんが、チーズの講座は
ワインとおつまみが出るんですよ。ヽ(*´∀`)ノ

たまに覗いてみるのもいいのかも。

これから少しづつ書きますので、よろしくお願いします。

和田