2011年9月27日

ソムリエ協会呼称資格認定試験二次試験

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

昨日は、ソムリエ協会呼称資格認定試験二次試験が行われましたが、受験生の皆さん、お疲れ様でした!

ワインエキスパートは

アメリカ シャルドネ2009、
フランス リースリング2008、
オーストラリア シラーズ2007、
スペイン テンプラニーリョ2004、
ドライベルモット、
ウォッカ

今年のシニアで出た、テンプラリーニョが出たんだね。


ワインアドバイザーは、

アメリカ シャルドネ2009、
フランス ゲヴュルツ2008、
オーストラリア シラー2007、
マデイラ
グラッパ


ソムリエは、

アメリカ シャルドネ2009
イタリア サンジョヴェーゼ 年代分からず
オーストラリア シラーズ2007、
スーズ
テキーラ

が出ました。

サンジョベーゼは結構澱があり濁った印象だったそうです。

また アドバイザーは口頭試問が面接方式だったそうです。
2人試験官に対し、一人づつ部屋に入って答えます。
4問は一問一答

2問は説明する
時間は4分以内と、
いつもと違った形式でおこなわれたそうです。

口頭試問の内容は、

サンタバーバラの黒ぶどう主要品種、
甲州ぶどうの色、
フォルラーツの地域、
プリオラートの地域が質問、
そしてクリュブルジョワの説明
アマローネの説明 だったそうです。

ワインの対面販売を意識させた内容だったのかもしれないですね。
相当緊張したと思うよ。

ソムリエの実技は
初めて課題がオーメドック5大シャトー以外のサンテミリオン 2005年アンジェリュース
だったそうです。

幾人かに伺ったところ
課題を最初から言わない試験かも居たそうで、それはどうなの?って感じですね。

意図を考えてみると、多分お客様にワインを伺うことから始めなければならなかったのかも。

ま、緊張してそこまで皆様出来なかったかもしれないですね。

また、2005年ワインということは澱がないワインです。
ほとんど残さないでデキャンタをさせるのが目的だったようです。

結果がでるまでしばらく時間がありますが、それまでゆっくりと休んでください!
今度は美味しいワインを飲むことにしましょう。

和田

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事