2011年9月 9日

9月04日エスプリパカレの講座

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

パカレの講座

11.09パカレ007.jpg

簡単にパカレの略歴を話しますと、

1964年パリ生まれという。ことは、今、47才。
お母さんはボジョレで自然派の最も有名なマルセル・ラピエールの姉さんです。

もう環境が整っていたんですね。


デジョン大学で醸造学を学び、リヨンで博士号を取得、その後ビオロジック認定団体である、ナチュール・エ・ブログレで働くことにより、人脈を広げていくのです。

そのとき自然酵母を研究史、ピエール・マッソンからビオ・デナミを学ぶ。
ローヌのシャトームフ・デュ・パップで3本の指に入るほど有名なシャトー・ラヤスではたらき、

その後、ロマネ・コンティの元協働経営者であるドメーヌ・ルロワでも働きながら、醸造の修行をすると、相当評価を上げていくのです。

1991年から2001年までプリューレ・ロックの醸造責任者として着任。
その最中に、DRCから醸造責任者を依頼されるのですが、彼は断ってしまいます。

それからすぐに2001年からドメーヌ・フィリップ・パカレを立ち上げ、ビオ・デナミ実践。


などと書いてみても、飲んでみないとわかりましぇーん。

今回は3回にわたり、パカレのワインを村名、一級畑、特急畑を2009年の素晴らしいヴィンテージを水平で仕入れることができました。

開催することを告げるとあっという間に席は埋まってしまいました。

2009年ヴィンテージ。
通常のブルゴーニュは色がやや濃い感じでしたが、パカレに限っては、さほどの濃さはありませんでした。

そして、抜栓しいよいよグラスにワインを注いてみました。

ビオワインは独特の香りがあるのですが、いろんな雑誌にもこのワインはその香りがないと

コメントがたくさん載っていたのですが、

なんと、在りました。しかし、抜栓して20分程度立ったときには、ほとんど無くなっていたのです。

これはすごい。

この講座(エスプリ)は、おつまみを持参して受けることが条件。

講義が終わってからは完全に飲み会モードに突入。


11.09パカレ003.jpg

11.09パカレ002.jpg

11.09パカレ001.jpg

パカレの第2回は11月6日日曜日18:00からです。

場所はポケットワイサロン
連絡先 03-5457-2295です。

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事