2011年5月 7日

2011年5月10日から飲めるグラスワイン"Gros Frere et Soeur Vosne Romanee 07"

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

グロ家は複雑怪奇?なファミリーで後ほど家系図を整理していきますね。

ワインはとっても素晴らしいものです。

今日のワインはブルゴーニュでも屈指の生産者ミッシェル・グロの弟ベルナール氏が運営しているドメーヌです。
グロ・フレール・スール001.jpg

グロ・フレール・エ・セールは天才ジャン・グロの兄妹のギュスターヴとコレットが立ち上げ、 グロ家のお宝のうちのクロ・ヴージョ・ミュジニとグラン・ゼシェゾーはこのグロ・フレール・エ・セールが受け継いでおります。

グロ・フレール・スール002.jpg
 またコレットはグロ・コレットの名前でもワインを出しておりました。
 グロ家のドメーヌとしての元を正せばルイ・グロから始まります。
 1951年にルイが他界して4人の兄妹が、ジャン・グロ、フランソワ・グロ、そしてギュスターヴとコレットがグロ・フレール・エ・セールの3つのドメーヌに分けます。
 ちなみに現在のグロ・フレール・エ・セールの当主ベルナールはジャンの息子さんですね!
 ミッシェル・グロはベルナールのお兄さんです。

詳しく書くとこんな感じです。
家系としては1500年代まで遡ることが出来る由緒ある家柄だが、ワインに関係するのは先代ジャンの4代前、アルフォンスから始まる。
ラトゥール家の娘と結婚したアルフォンスはヴォーヌ=ロマネに居を構え、その息子ルイ=ギュスターヴは1800年代後半リシュブールを購入する等、ドメーヌは徐々に拡大する。

ルイ=ギュスターヴの息子ジュールには2人の息子があったが、1人は第一次世界大戦で亡くなり、残ったもうひとりの息子ルイがドメーヌを相続。
この段階でクロ=ヴージョ、グラン・エシェゾー等が加わる。
グロ・フレール・スール003.jpg
このルイの息子がジャンであり、他に3人の兄弟がいた。
長兄のギュスターヴと姉コレットは、ドメーヌ・グロ・フレール・エ・セール――この2人に子供がなく、現在はミシェルの弟、ベルナールがドメーヌ・グロ・フレール・エ・セールを運営。

末弟のフランソワはドメーヌ・フランソワ・グロを設立、後に娘のアンヌとともに経営にあたり、ドメーヌ名もアンヌ・エ・フランソワ・グロとしたが、現在はアンヌが父フランソワから全て引き継ぎ、名前もドメーヌ・アンヌ・グロとなった。

ミシェルにはもうひとり妹がいるが、彼女アンヌ=フランソワーズはポマールのドメーヌ・パランに嫁ぎ、自身が相続した畑のワインはドメーヌ・A・F・グロの名称で生産している。

とグロ家は複雑怪奇?なファミリーの家系図を整理してみました。

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事