2011年2月 4日

ニッチなワイン会

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

今回はかなりマニアックなワイン会です。
ワインのアイテムを見て下さい。

1.ブリュット・メトッド・シャンプノワーズ(インド 泡) 
2.クローヌ・ボレアリス・ブリュット(南ア 泡) 
3.クエルクス シャルドネ(スロベニア 白) 
4.チャンユー・リースリング(中国 白) 
5.ピロム・カオヤイリザーヴ シュナンブラン(タイ 白)
6.セオドラカコス・エステート キドニツァ・オーガニック(ギリシア 白) 
7.ヤルデン ソーヴィニヨンブラン(イスラエル 白) 
8.ティーティーレッド(ブルガリア 赤) 
琴欧州の結婚式でも使われたそうです。
テラ・タングラ ティーティーレッド.jpg
9.タベルネーロ・グランティント・レゼルバ(ペルー 赤)
10.ピノノア・スペシャル・リザーヴ(ルーマニア 赤) 
11.シャトークサラ レゼルヴ・デュ・クヴァン(レバノン 赤)
12.フアニコ タナ(ペルー 赤)
13.カルマ(トルコ 赤)
14.マゴンマジェス(チュニジア 赤) 
マゴン・マジェス.jpg
15.ミオーロ カベルネソーヴィニヨン・レゼルバ(ブラジル 赤)

インド、南ア、スロベニア、中国、タイ、ギリシャ、イスラエル、ブルガリア、ペルー、
ルーマニア、レバノン、トルコ、チュニジア、ブラジル
等、
今までワインって作っているの?って思うところ(国)のワインが沢山です。
醸造技術がものすごい進歩をしており、ある程度暑いところでもワインは造ることが可能になり、また、雨が多く降るようなところも、ぶどう果汁を凝縮するテクニックもできております。

そのおかげで、今では赤道直下のような国でも雨季の中で育ったブドウでも、おいしいぶどう、ワインが造ることが出来るようになってきております。

ただし、標高を十分気にしないとほんとうに暑い気候のモッタリとした、アルコールの高いワインに成ってしまいます。

最近の第三国で作られているワインを見ると大抵が、高原や山間部の谷あいの場所にあり、風光明媚なところも多いと言われます。(余り多く行ったことはないけど。)

そのワインたちを一同に集めて飲み比べをします。
このニッチワインの輸入元、ネット販売で最近とっても評判が良い『葡萄屋』さんの社長草壁氏に来ていただきチョットした講義も聞いてみたいと思い開催することにしました。

是非ニッチなワイン会に来てみてください。
2月26日土曜日19:00より
15種類のワインと料理がついてなんと会員の方は5000円、非会員の方7000円です。


ポケットワインサロン
和田健二

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事