2010年9月 1日

秋刀魚のトマト煮、冷凍秋刀魚と生の秋刀魚

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

イタリアンの担当和田です。

食欲の秋本番
色々なサイトでのアンケートで、秋の味覚の一番人気は「秋刀魚」なんだそうです。やはり美味しくて値段も安く庶民の味方の魚ですからね。秋刀魚は塩焼きにしてダイコンおろしで食べるのが一番!
なんですが、今年は以上に生の秋刀魚が高い。

なので、冷凍の秋刀魚と生の秋刀魚の違いを見てみたいです。
sanma.jpg

この秋刀魚は生。
なぜ?って、口の先が黄色い色が見えるでしょ。
これが生のしるし。

不思議と黄色い口先が冷凍するとなくなってしまいます。
全体同じ色っぽくなります。

じゃぁ冷凍秋刀魚は美味しくないのかと言うと。そんなことはない。
生でも食べようと思えば食べることが出来ますし、(余り推奨はしませんが)
焼き魚、煮魚にとっては今の時期冷凍のほうが脂が乗ってとっても美味しいのです。
この高い時期にあえて生を食べなければならない事情のかたいが以外は冷凍でも大丈夫なのでは?
ただし、冷凍モノを解凍する場合、常温において解凍する、や流水で解凍すると足が速くなり、生では食べないほうが良いでしょう。
冷凍モノはじっくり冷蔵庫で解凍していくと、身も固いままです。結構なまでもいける状態で解凍できます。

生が一番美味しく安く出回るのは、
秋刀魚は10月に限るそうです。それはオホーツク海から産卵のため南下すると中に丸々太って脂がのって旨いから何ですね。8月や9月の走りの秋刀魚はまだ脂がのっていないので、やはり10月から11月の旬の秋刀魚が良いんだって!

そんな安くて旨い秋刀魚
結構食卓に上る頻度は高いですよね。塩焼きが旨いといっても毎回では飽きてしまいます。そこでたまには秋刀魚をイタリアンで頂くのはいかがでしょう。結構簡単で美味しいんですよ。「秋刀魚のトマト煮」タイムとローリエを効かせたトマトソースがポイントですね。
明日試作し写真をアップしますので、是非ご覧くださいね。

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事