2010年8月 5日

ポケット問題70、71、72

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。
JSA講座を担当しております、中村友美です。
いよいよ最終テストです!!

今回のテストは117点満点で、60分です。
現在の最高点数は100点です!!


8月23日の1次試験まで、あと20日となりました!!
これだけ覚えれば!!合格点は取れる!!という
総まとめプリント②をお渡しいたします。
最終まとめとしてぜひ使ってくださいね。
1次は勉強すれば、受かる試験です!
ここまでの努力がもったいないですよ!!
ラストスパートがんばりましょう。


☆ポケットからのお知らせ☆

緊急告知!!

1次試験直前講座の募集について! 来週の月曜日から始まります!

お申し込みの方は今週からお渡しする募集用紙に記入して、スタッフにお渡しください。

また、予約表にもお名前を記入してください。

2週間で6回の講座内容では、1次筆記試験を予想した模擬テストを中心に行い、
その解答と解説を聞きながら合格のためにポイントを徹底的に叩き込んでいく実践的な講座内容です。
自分の不得意分野を見つけ出し、しっかりと要点をおさえる事ができます!
ぜひ、1次試験の前の総復習として、受講してみてください!!

http://pocket-salon.jp/course/wine/exam/000197.html

8月9日(月)~8月22日(日)(全6回)

昼コース 月:13:00~15:30 火、水、木、土:14:30~17:00 日11:00~13:30
夜コース 水、木 19:00~21:30 土・日18:00~20:30 火19:30~22:00

8月15日(日)15時から 4名の生徒さんが集まりましたので、1回目の講座を開催いたします。ご希望の方は受講できます!

3名以上生徒さんが集まりましたら、上記日程以外でも検討します。

会員:1回 4,725円 6回一括 25,350円(税込み)

8月23日(土)17時から1次試験打ち上げ!!

講師と一緒に自己採点をして、1次試験の打ち上げをしましょう!!

ワイン1本と会費3,500円です。

ご予約よろしくお願いいたします。

8月27日(金)19時~
2次試験のための大ティスティング大会!!商品付です。
2次試験のための、ティスティングと地方料理を食べて覚えましょう!
さらに、ティスティング大会では入賞者にはシャンパンを贈呈いたします。
会費5,500円(ワイン・食事代金込み)
ご予約よろしくお願いいたします!

ポケット問題67
次のオーストラリアワイン産地の中から南オーストラリア州に位置しているものを選んでください。
1、バロッサヴァレー→正解です!
2、ハンター・ヴァレー→ニューサウスウェールズ州 最古の産地
3、ヤラ・ヴァレー→ヴィクトリア州 ピノ・ノワール
4、マーガレット・リヴァー→西オーストラリア州 どの産地よりも海洋性の影響、ボルドーやサンテミリオン

ポケット問題68
次のオーストラリアワイン産地クナワラの表土は赤土、下層は石灰質土壌の名称を選んでください。
1、テラロッサ→正解です!
2、トゥフォー→ロワール
3、キンメリジャン→シャブリ
4、アルバリサ→シェリー

ポケット問題69
次のニュージーランドワイン産地の中から、以下の文章に当てはまる産地を選んでください。
「ソーヴィニヨン・ブラン種の栽培が始まったのは1973年以降で、現在では国際的に品種の基準といわれるほど有名である。」
1、ギズボーン→世界最東端、シャルドネの首都
2、ホークス・ベイ→第二の産地
3、マールボロ→正解です!
4、セントラル・オタゴ→大陸性! 最南端、ピノ・ノワール

ポケット問題70
次の中から南アフリカ独自のワイン用ブドウ品種Pinotageの交配として正しいものを1つ選んでください。
1、Pinot Blanc×Chardonnay
2、Pinot Noir×Gamay
3、Pinot Noir×Cinsaut
4、Pinot Noir×Shiraz

ポケット問題71
次の中から平成20年度の日本の農林水産統計において日本の全ブドウ収穫量に該当さるものを1つ選んでください。
1.約10万トン
2、約20万トン
3、約30万トン
4、約40万トン

ポケット問題72
日本の酒税法に関する文章の中から正しいものを1つ選んでください。
1、果実酒の補糖に許される糖類は、砂糖、ブドウ糖のみである。
2、果実酒ではブランデー等のアルコールを添加した場合は、総アルコールの15%以下である。
3、フォーティーファイドワインは主に果実酒として分類される。
4、日本の酒税法では酒類に分類されるのはアルコール度数1%以上の飲料である。

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事