2010年7月20日

7月9日のワイン会 その1 シャンパーニュ編

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

久々に素晴らしいワインのワイン会がありました。
ブルゴーニュ好きの,ブルゴーニュのためのワイン会のような感じ。
シャンパーニュも素晴らしものがでました。
なんとシャンパーニュは、Roger Pouillon 2本 です。

Roger Pouillon Fleur de Mareuil NV
btl_rp130049.gif
Mareuil sur Aÿ マルイユ・シュール・アイ村で代々葡萄栽培を続けてきたプイヨン家は、1947年、当時、当主を務めていたRoger Pouillonロジェ・プイヨンによって元詰めシャンパーニュの醸造を始めたRM。1965年には息子の ジェームスに、そして1998年にはロジェの孫であるFabriceファブリスがドメーヌを継承し、3世代、60年続くマルイユ・シュール・アイ村きっての名門レコルタン=マニピュランです。ランス大学で葡萄栽培・醸造の免状を取得後、ソーテルヌとシャサーニュ・モンラッシェの著名ドメーヌで働いた経験を持つ現当主ファブリスは、今までの既成概念に囚われない自由な発想で、新時代に相応しいシャンパーニュ造りを行ってい、その最大の成果が、ブルゴーニュの偉大なシャルドネと同じように、小樽発酵・小樽熟成、そしてバトナージュの技術から生み出された "フルール・ド・マルイユ"、フランス語で「マルイユ村の花」を意味するこのシャンパーニュは、数々のメディアで絶賛されており、ロジェ・プイヨンの名前を世界中に知らしめたドメーヌのフラッグシップ・シャンパーニュです。

R.POUILLON Cuvee 2Xoz Brut Blanc de Noirs
10.07.09.n.wine011.jpg
このシャンパーニュは,粗糖や甜菜糖などのサッカロース/saccharose(*1)を使わずに,グルコース/Glucose(*2)とフルクトース/Fructose(*3)というブドウの自然な糖分のみで醸造されました。
この二つの糖分はどちらもヘキソース/hezoses(六炭糖)で,ose(単糖類に属し,6つの炭素原子を持っています。
そこから2Xoz(発音:ドゥ・フォワ・オズ)と命名されました。
新しいキュヴェの"2Xoz=ドゥ・フォワ・オズ"は,植物感よりもミネラル感のあるフィニッシュに,複雑さを与える少しの展開とともに素晴らしいドライな余韻がある。絶対に味わうべきシャンパーニュです。

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事