2010年7月14日

日本のワイン

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

日本のワイン。
ちょっと難しいと思っている方もいらっしゃると思います。が、頑張っているところもたくさんあるのです。例えば、メルシャン、歴史があり、醸造設備が素晴らしいことは何方もご存知かと。ワインに詳しくなければ知らないかもしれませんが。此処の醸造長の味村さんこの方の情熱、知識は本当にすごいですね。また、大企業だからできることもあり、大変な苦労もあることと思います。
独自の栽培畑のだけではなく、契約農家や最新設備の設置などリーディングカンパニーとしての責任もあることと思います。
実は、メルシャンはシャトー・メルシャンと、スーパーなどで売っている輸入濃縮還元ワイン等と一緒の醸造所でないのです。
輸入果汁や濃縮還元ぶどう果汁を使用する醸造所は神奈川の藤沢市にある工場で、勝沼は国産葡萄のみのワインを作っているのです。
今年の4月に勝沼に行くことがあったので、醸造所を見学させていただこうと思いお願いしたところ、大規模なリニューアルをするとのこと。
生産ラインはもとより、全体の改革を行ったようです。
シャトー・メルシャンの
この方のワインに対する真摯な態度を見たときに、日本のワインはもう少し発展しても良いかもと。

和田

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事