2010年6月12日

ポケット問題No30

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。
JSA講座を担当しております、中村友美です。
今週からは2週続けてイタリアですね!
太陽をさんさんと浴びたワインは果実味いっぱいです!
パスタやリゾットそして、地方料理もいっぱいですが、どんな料理にも合いやすく、親しみやすく
そして、リーズナブルなのがとっても人気ですよね!

イタリアからは新しい教本を元に、別紙プリントで授業をしています。
とても試験には重要ですので、教本と一緒に使ってくださいね。

フランスを中心とした補講も開催予定です。もう一度復習したい人は、ぜひ来てください。

※大変申し訳ありません。小テストの解答が間違っておりました。確認してください!
問い2
Cognac/Armagnacの伝統的蒸留方法に該当するものを次の1~5の中から1つ選び、その番号を解答欄に
記入して下さい。
1、連続式蒸留1回/単式蒸留1回
2、連続式蒸留2回 /単式蒸留1回
3、単式蒸留2回/連続式蒸留1回
4、単式蒸留3回/連続式蒸留1回
解答(    3     )

いよいよ出題範囲が発表になりました!
また、受験票も届いているようですね。
今年は、昨年度までと大きく違い、呼称ごとに出題国・出題範囲が違います。
添付いたしますので、ご確認ください。
教えるほうとしましても・・・厳しいですね。
もちろんソムリエはサービス・料理が中心ですし、
アドバイザーはワインの国ごとの知識が重要です。
エキスパートは愛好家としての知識ですので、今年は範囲が一番少ないようです。
添付が見れない方はご連絡ください。

☆ポケットからのお知らせ☆

6月26日(土)19時~のフランスワイン会を開催いたします。
この機会にぜひ、料理とワインを飲んで、食べて、楽しみながら覚えましょうね。
フランスワイン1本と会費3,500円です!!

6月18日(金)19時半からはレストランスペースで、
ティスティングの補講グラスワイン1杯400円(フランスワイン)と
フランス地方料理を食べながら覚える会も開催いたします!

どちらもご予約受付中ですので、ぜひいらっしゃってくださいね!


6月にはワインのためのフランス語講座を開催します!
ワイン産地や品種、醸造用語など、どうしてもフランス語がわからない、
ラベルを少しでも読めるようになりたい方。また、用語の復習もできますよ!
フランス語の館野由紀先生がやさしく教えてくれますよ。
まだ、土曜日のご予約できます!フランスの総復習にぜひ受講してくださいね。

6月12日(土曜日)18:30~20:00 まだご予約受け付けております!!
受講料:2100円(税込)
最低開催人数 3名
支払方法 :当日現金持ち込み(当日キャンセルの場合はキャンセル料金が発生します。)
上記の日程で開催いたしますので、ぜひご予約の上いらっしゃってくださいね!
問い29

葡萄品種の名称は、国や地域により色々な呼び方が存在し、シノニム(異名)といわれているが、次の中からChardonnayのシノニム該当するものを
1つ選んでください。
1、Gros Plamt
2、Melon de Brougogne
3、Pinot Blanc
4、Melon d'Arbois(スペルが違っていてすみません。)正解です!MelonとつくものはChardonnayとMuscadetがありますので、しっかり覚えてくださいね。
2はMuscadet 覚えられる人は、1の別名Folle Blanche、3のKlevnerも。

問い29

次の中からフランスワインの歴史の中で、イギリスや北欧にワインが輸出されるようになった世紀に該当するものを1つ選んでください。
1、12世紀→正解です!教本P28より 昨年度出題されています!
2、13世紀
3、14世紀
4、15世紀

問い30
次のフランスAOCワインの中から、赤のみの生産が認められているものを選らんでください。
1、Saumur-Champigny
2、Coteaux Champenois
3、Hermitage
4、Bandol
5、Banyuls

このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事