2010年6月30日

今週のイタリア料理カルパッチョについて

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

今週からイタリアンのメニューが変わりますよ。
今週は牛肉のカルパッチョ。からすみのパスタクリームソースです。

その中でも今日はカルパッチョを取り上げてみました。

イタリアンにご興味がある方で『カルパッチョ』の名を聞いたことのないひとはたぶん居ないでしょうね。
実はこれ、正真正銘のイタリアンなのですが、生の魚も刺身のように更に盛り付け野菜を飾るのもカルパッチョとなっておりますが、実は、牛肉がもともと。
この料理は伝統あるイタリア料理の中では近代に出来たものなのです。
今から半世紀以上も前の1950年、ヴェネツィアのハリーズバー経営者ジュセッペ・チプリアーニが、とある女性客のために考案した料理だそうです。

チプリアーニは大変な絵画愛好家だったようで、16世紀ルネッサンス時代におけるヴェネツィア派絵画の巨匠『ヴィットーレ・カルパッチョ』の1枚の絵を鑑賞しているとき、その色使いと自分の考案した牛肉料理が非常に似ているとインスピレーションを受け、「カルパッチョ」と命名したそうですと。
ちなみにこれまた有名なカクテル「ベリーニ」も同じくチプリーアニが編み出したもので、やはり"ジョバンニ・ベリーニ"という画家の名前からとったものだとか。

カルパッチョの味の決め手はソース、イタリア語ではSALSA=サルサですが、チプリアーニのオリジナルレシピを紐解くと「マヨネーズ、生クリーム、ウスターソース、マスタード、トマトソースをあわせたもの」となっているんです。
ん~、これはイタリア料理といいながらも、大変アメリカンな材料?

この人は店に英語の名前を付け、カクテルを広め、マヨネーズやマスタードを使う・・・常に画期的な試みを成功させるチプリアーノ氏は、当時とても新進的な人類だったのでは?
伝統を重んじると言うより閉鎖的なイタリア人と同人類だとは思えなですね。

そんなわけで、意外と新しい料理「牛肉のカルパッチョ」でした。
ポケットのカルパッチョはニンニクマヨネーズでいただきますよ。是非ご予約お願いします。
写真は後日載せます。

2010年6月29日

今日はトマトについて

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

トマト・
仏tomate トマト・伊pomodoro ポモドーロ・英tomato

毎回一つの食材について調べることにしましす。
もっと詳しい話や面白い話を知っている方はぜひ、教えていただければ幸いです。

これからの季節の野菜、《トマト》について、色々のぞいてみました。

トマトは、ナス科ナス属の植物で、多年生植物で、緑黄色野菜の一種、世界では約5000種を超える品種があるそうで、日本では農林水産省の品種登録情報ページによれば、150種を超えるトマトが登録されているそうです。

トマトは、1年中食べることができますが露地栽培トマトは6月~8月が美味しくハウス栽培のトマトは2月~5月が美味しいとされています。冬春トマトは甘みが強く、夏秋トマトは酸味が強いのが特徴です。
トマトはビタミンCを多く含む。また、リコピンも豊富で栄養素が豊富な事から柿と同じくトマトが赤くなると、医者が青くなるという、ヨーロッパのことわざがあるほどです。
minitomato-01.jpg
トマトは100g当たり19kcalと低カロリーで選ぶときは、へたがしおれたり、黒ずんでいないもの、皮につやと張りがあるもの。皮に破れがないもの。丸みがあり、割れていないものを選びましょう。
低温保存すると味が落ちるので、夏場以外は常温で保存した方が良いとされています。

トマトの原産地は、南米のペルーやエクアドルなどアンデスの高原地域です。
世界で発見されている9種類の野生のトマトのうち、8種類がこの地域で育ったトマトなんだそうです。
この野生種トマトは、インディアンの移動や鳥によってメキシコに運ばれ、アステカ文明により栽培され食用になったと考えられています。

トマトの語源はアステカ人の『トマトゥル』という言葉が始まだそうで、トマトゥルとは元来「ホオズキ」を指し、その辺りではではホオズキを煮込んで料理に使っていたところから
膨らむ果実を意味するトマトゥルからきています。
『トマトゥル』は700年ごろからアステカやインカでは栽培されてきたとされ、、形がよく似たトマトも同じ名前で呼ばれたようです。

トマトに出会った最初のヨーロッパ人は、1519年にメキシコに上陸し、1521年にアステカ文明を征服したエルナン・コルテスという説が有力です。この男は見方によればとっても悪党です。
その頃の繁栄をしていたアステカ文明を、完膚なきまでたたき壊した張本人なのです。
そして、その数々ある戦利品のひとつとしてトマトを持ち帰り、ヨーロッパに広めたと考えられています。

そしてイタリアにわたります。イタリアでも最初は観賞用として栽培され、そのうちイタリアの南部の貧困層で食用にしようと考える人が現れ、200年にも及ぶ開発を経て現在のかたちとなったそうです。
また、世界で一番トマトを食べる国はイタリアと思いきや、実はギリシャです。ちょっと意外。
今や、イタリア、フランス、スペインなどでは欠かせない存在のトマト、コロンブスが居なかったら現在の形はなかったのですね。

和田

ポケット問題No42,43

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。
JSA講座を担当しております、中村友美です。
蒸し暑い日が続きますね!
ワールドカップもいよいよ、本日23時に開催ですね!
ポケットでも、プロジェクターで放送予定です!
もし一緒にワインを飲みながら観戦したい方はいらっしゃってくださいね。
お食事の方は、10時までにお願いいたします。
お食事をご注文の方には、グラスワインサービスします。


いよいよ1次試験まで2ヶ月切りました。
少しずつ時間を見つけて、復習をしていきましょう!!
今週はスペイン、そして、久しぶりに出題となったポルトガルです。
EUの法改正に伴って、変更点もあります。
また、プリントを使っての講義になりますので、よろしくお願いいたします。

フランスを中心とした補講も開催予定です。もう一度復習したい人は、ぜひ来てください。
※日程調整中です。


いよいよ出題範囲が発表になりました!
また、受験票も届いているようですね。
今年は、昨年度までと大きく違い、呼称ごとに出題国・出題範囲が違います。
添付いたしますので、ご確認ください。
教えるほうとしましても・・・厳しいですね。
もちろんソムリエはサービス・料理が中心ですし、
アドバイザーはワインの国ごとの知識が重要です。
エキスパートは愛好家としての知識ですので、今年は範囲が一番少ないようです。
添付が見れない方はご連絡ください。

☆今週のポケットからのお知らせ☆

7月6日(木)19時~品種の講座はカベルネ・ソーヴィニヨンです!
アメリカ・ナパ・ヴァレー
チリ・セントラル・ヴァレー
オーストラリア・マクラーレン・ヴェイル
日本・丹波ワイン
フランス・ボルドー

スペシャルワイン会開催!!2010年07月11日日曜日 18:00より 2時間半
定員
8名

料金
22.000円税込

料理

オードブル 盛り合わせ 1品
パスタ            1品
パン (バケットを予定)
資料などを含みます。

最初はシャンパーニュで乾杯をしてから1970年のテイスティングを開催する予定です。
Ch Croizet Bage 1970 Pauillac 5級
Ch.Pavie      1970 St-Emilion Premiers Grands Crus Classés B
Ch. La Tour-Haut-Brion1970 Talence  Graves格付け
Château Pez 1970 Saint-Estèphe Crus Bourgeois Exceptionnels

ご予約受付中ですので、ぜひいらっしゃってくださいね!
ポケット問題40

次の中から、Moselのベライヒ(Bereich)に属するものを1つ選んでください。

1、Bernkastel  →正解です!土壌も重要です!

2、Johannisber→ラインガウは1つだけですので、覚えてください!

3、Nierstein→ラインヘッセン
4、Maindreieck→フランケン


ポケット問題41

次の中から、Prädikatsweinの条件として誤っているものを1つ選んでください。
1、13の法定地域の1地区(ベライヒ)に限定されたブドウのみで造ること。

2、その果汁糖度に準じて6段階の格付けされる。

3、ワインは公的機関の2段階の品質検査を受け、公的検査番号(A.P.Nr)をラベル表示の義務がある。
→3段階の検査(敵果時の熟度、化学分析、官能検査)になります!オーストリアは2段階なので注意!

4、アルコール度数はアウスレーゼまでは7度、ベーレンアウスレーゼからトロッケンベーレンアウスレーゼまでは5.5度なければならない。

ポケット問題42

次の土壌の中から、ドイツで一般的に「なめらかで優雅、芳香性もよく、マイルドな酸味をもつワインを造る」とされるものをひとつ選びなさい。

1、粘板岩土壌 

2、黄土層

3、粘土質土壌

4、石灰質土壌


ポケット問題43

次の記述に該当するドイツワインワイン生産地域を下の1~4から選んでください。
「マイン川とその支流の両岸の斜面にあり、旧西ドイツでは最も東に位置する栽培地域で、
主にミュラー・トゥルガウ、シルヴァーナーが栽培され、スッキリとした辛口のワインが造られる。
QbA以上のワインはボックス・ボイテル型のボトルに詰められて販売されている。」
1、Nahe

2、Rheingau

3、Franken

4、Sachsen

2010年6月28日

ポケット問題No40,41

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。
JSA講座を担当しております、中村友美です。
蒸し暑い日が続きますね!
ワールドカップもいよいよ、明日23時に開催ですね!
ポケットでも、プロジェクターで放送予定です!
もし一緒にワインを飲みながら観戦したい方はいらっしゃってくださいね。
お食事の方は、10時までにお願いいたします。
お食事をご注文の方には、グラスワインサービスします。


いよいよ1次試験まで2ヶ月切りました。
少しずつ時間を見つけて、復習をしていきましょう!!
今週はスペイン、そして、久しぶりに出題となったポルトガルです。
EUの法改正に伴って、変更点もあります。
また、プリントを使っての講義になりますので、よろしくお願いいたします。

フランスを中心とした補講も開催予定です。もう一度復習したい人は、ぜひ来てください。
※日程調整中です。


いよいよ出題範囲が発表になりました!
また、受験票も届いているようですね。
今年は、昨年度までと大きく違い、呼称ごとに出題国・出題範囲が違います。
添付いたしますので、ご確認ください。
教えるほうとしましても・・・厳しいですね。
もちろんソムリエはサービス・料理が中心ですし、
アドバイザーはワインの国ごとの知識が重要です。
エキスパートは愛好家としての知識ですので、今年は範囲が一番少ないようです。
添付が見れない方はご連絡ください。

☆今週のポケットからのお知らせ☆

7月6日(木)19時~品種の講座はカベルネ・ソーヴィニヨンです!
アメリカ・ナパ・ヴァレー
チリ・セントラル・ヴァレー
オーストラリア・マクラーレン・ヴェイル
日本・丹波ワイン
フランス・ボルドー

スペシャルワイン会開催!!2010年07月11日日曜日 18:00より 2時間半
定員
8名

料金
22.000円税込

料理

オードブル 盛り合わせ 1品
パスタ            1品
パン (バケットを予定)
資料などを含みます。

最初はシャンパーニュで乾杯をしてから1970年のテイスティングを開催する予定です。
Ch Croizet Bage 1970 Pauillac 5級
Ch.Pavie      1970 St-Emilion Premiers Grands Crus Classés B
Ch. La Tour-Haut-Brion1970 Talence  Graves格付け
Château Pez 1970 Saint-Estèphe Crus Bourgeois Exceptionnels

ご予約受付中ですので、ぜひいらっしゃってくださいね!

ポケット問題38
次のイタリアワイン法が成立した年号を選んでください。
1、1935年→フランスワイン法制定の年
2、1949年→AOVDQSがINAOに
3、1963年→正解です!
4、1992年→イタリアワイン法改定の年

ポケット問題39
次のイタリアワイン法の歴史に関する記述の中から①、②に当てはまる語句を以下から選んでください。
「18世紀トスカーナ大公国のコジモ3世が自国の著名なワインをマガイモノから護るために、Chanti、①、②
などのワイン生産地の線引きをした。
1、①Montalcino ②San Gimignano
2、②Carmignano ②Pomino→正解です!
3、①Montalcino ②Montepulciano

ポケット問題40

次の中から、Moselのベライヒ(Bereich)に属するものを1つ選んでください。

1、Bernkastel 

2、Johannisberg

3、Nierstein
4、Maindreieck


ポケット問題41

次の中から、Prädikatsweinの条件として誤っているものを1つ選んでください。
1、13の法定地域の1地区(ベライヒ)に限定されたブドウのみで造ること。

2、その果汁糖度に準じて6段階の格付けされる。

3、ワインは公的機関の2段階の品質検査を受け、公的検査番号(A.P.Nr)をラベル表示の義務がある。

4、アルコール度数はアウスレーゼまでは7度、ベーレンアウスレーゼからトロッケンベーレンアウスレーゼまでは5.5度なければならない。

2010年6月27日

6月末ポケットパーティ

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

26日ポケットパーティー(フランスワインの会)は相当の数のワインが集まってきました。
中でもびっくりしたのは1980年のロワール地方のミュスカデでした。
持ってきたご本人もあまり期待していなかったようですが、意外にも非常にフレッシュで生き生きとした酸味を30年たった今でも持っていたのには、正直驚きました。
それと、1976年のムルソーです。ムルソーも熟成が素晴らしく良く、ほんとうに今がのみごろって感じのナッツやキノコ、トリフの香りが広がるワインでした。

IMG_0012.JPG

最初のご予約は10名程度だったのですが、直前の申し込みで20名にふくれあがってしまい、ご用意していた料理がちょっとボリュームが少ないかも、と思って急遽パスタを2品追加しました。
gasupachio.JPG
鶏肉のガスパッチョ仕立て
confi.JPG
鴨のコンフィ

kishyu.JPG
キッシュ

syukuru-to.JPG
シュークルート

等とその他全15品作りました。
ほとんどがフランスの地方料理とテーマを決めたのですが、ものすごく暑い日だったのもあり、きっと爽やかな白でアルザスとかが多いと思って下りましたが、シッカリと樽のきいたブルゴーニュが多かったんです。
また、ボルドーも幾つかあり、格付けシャトーのものも数本、最後はソーテルヌ、ロワールのボンヌゾーと甘口ワインの共演でした。
美味しかった!

ino.JPG
IMG_0014.JPG
来月は新世界のワイン会ですよ。是非いらっしゃって下さい。

2010年6月26日

今日は鯛です。

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

仏 daurade ドラ-ド  伊 orata オラータ
ウィキペディアで調べるとかなり詳しい話が出てくるんですね。
鯛(たい、タイ)とは、広義にはスズキ目スズキ亜目タイ科の総称、狭義にはタイ科のマダイ Pagrus major を指す。タイ科にはほかに、クロダイ、キダイ、チダイ、ヒレコダイ、タイワンダイ、アカレンコなどが含まれる。
さらに広義には、タイ科以外の魚でも、扁平・大型・赤っぽい体色・白身などの特徴を持つ魚には「-ダイ」と和名がついていることが多く、この場合、タイ科とは分類上遠い魚もいる。アマダイ、キントキダイ、イシダイなどはタイ科と同じスズキ亜目だが、エボシダイなどはスズキ目の別亜目、キンメダイ、アコウダイ、マトウダイなどは目のレベルでちがう魚である。このように和名にタイと名のついた魚は200種以上もいる。
極端な場合には淡水魚で養殖が盛んなティラピアを、その学名ティラピア・ニロチカから「チカ鯛」などと命名したり、「イズミダイ」と称して販売されていたこともあった。こうしたものは「あやかりタイ」などと揶揄される。

なんだって。

でも、鯛と鱸って形が結構違うのに、同族なんですね。
どちらかというと鱸より鯛の方が癖が少なく、料理の幅を広げられそうです。

日本でも鯛は重要な魚の一つです。まず、刺身、お寿司ネタ、吸い物、焼き魚、煮物などと本当に切りがないほど一杯あります。

イタリアでも、カルパチョや焼き魚、煮物としてはアクアパッツァにも使われることもよくあります。
なんと言ってもその上品な味わいが良いですね。
以前四国の愛媛県の宇和島でダイニチという鯛の養殖をしている会社に縁があり、本社に招かれたとき鯛めしをご馳走になりました。
taimesi.jpg
その鯛めしは、東京では炊き込みご飯のようなものを想像しておりますが、生の鯛と海藻と卵黄が入っており、これはまた、美味しくってビックしたのを覚えております。

2010年6月25日

今日はマグロ、マグロの話です。

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

いや~今朝方のサッカーは興奮しましたね。結局朝まで見てしまった・・・。
今日は眠いです。
ということで今日は魚シリーズ、『マグロ』

仏 thon トン  伊 tonno トンノ
まぐろの学名は
属名 Thunnus (仮名転写例:トゥンヌス)は「マグロ」を意味するラテン語だそうです。
マグロは美味しいですね。
皆さんは赤みが好きですか?それともトロ、中トロ?
私はどちらかというと赤みが好きです。
ほんとうに旨いマグロは赤身にあると思っているのですが。
まぐろの中でも黒マグロと呼ばれる種類が最も高価で取引されます。
tuna01.jpg

このまぐろの種類を見るといっぱいあるなって思われると思いません?この中でも、ビントロと言われるものが、ビンチョウマグロと言われる小型のマグロです。
20年ほど前はあまり生食では食べないで、ほとんどシーチキンの缶詰工場に向かったのでした。
この魚をお刺身で食べるととても柔らかく美味しいのが判り、それから爆発的に回転寿司で出まわって一般化していったのでした。
マグロと聞いて、やはりお刺身と思うのも日本人だからでしょうか?
海外に行ってマグロのステーキを頼んだら輪切りのマグロが出てきたのには、そうとうびっくりしました。
maguro-2.JPG

こんな感じのマグロです。日本ではありえないですよね。

世界でマグロが食卓に上っており、今は昔のように焼いたり、フレークにしたりするより、よほどお刺身のような食べ方が一般化してきているそうです。(聞いた話です。)
イタリアではマグロの卵もボッタルガといい日本で言うカラスミのパスタにもなりますよ。

イタリアンでもたくさんのマグロを使ったメニューも開発しておりますので是非一度ご覧ください。

ポケット

2010年6月23日

イタリアンの魚

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

仏 sardineサルディヌ  伊 sardine サルディ-ネ
これは日本名イワシです。
昔は山ほどとれたイワシ。今は結構高いですね。一本100円以上します。10年前は100円あると約4~5本あったのですが、ものすごく高くなった魚の一つですね。
系図を見てみると

イワシ系図.jpg


マイワシ類、カタクチイワシ類は世界的に重要な魚であるが、これらを総称する言葉は日本語以外ではあまり見られない。
マイワシ類はニシン亜科の数属の小魚と合わせてサーディン sardine と呼ぶそうです。
サーディンは通常「イワシ」と訳されるが、ママカリなども含むんだって。
実はアンチョビとサーディンは別物です。まイワシ類はサーディン、小型のカタクチイワシ類はアンチョビ anchovy と呼ぶと呼ぶそう。
イワシにはもう一種類ウルメイワシがありますが、ウルメイワシはラウンドへリング round herring と呼び、単なるヘリング herring はニシン属のことだそうです。
なんかメンドクセ~。
イワシはイタリアでは本当に色々と食べられているのですよ。
今回、イタリアンはイワシのカレー煮シチリア風をやっています。
なかなかの人気。是非一度食べてみて下さい。

2010年6月22日

ポケット問題No38.39

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。

JSA講座を担当しております、中村友美です。

蒸し暑い日が続きますね!

こんな日には、冷やしたロゼやソーヴィニヨン・ブランがお勧めです!

今週はドイツになります!

ドイツもイタリアと同じく、新しい教本を元に、別紙プリントで授業をしています。

とても試験には重要ですので、教本と一緒に使ってくださいね。

ドイツワイン産地は世界のワイン産地の中でも、最北端の産地です!

葡萄の生育期間がとても長く、昼夜の気温差が、ゆっくりと成熟していく葡萄にアロマをもたらします。

アルコールがやや低く、芳香とフルティーさとミネラル感を持つワインは少し冷やして、

軽めのお料理とあわせていただけると思います。暑い日やランチにいいですね!


フランスを中心とした補講も開催予定です。もう一度復習したい人は、ぜひ来てください。

※日程調整中です。

いよいよ出題範囲が発表になりました!

また、受験票も届いているようですね。

今年は、昨年度までと大きく違い、呼称ごとに出題国・出題範囲が違います。

添付いたしますので、ご確認ください。

教えるほうとしましても・・・厳しいですね。

もちろんソムリエはサービス・料理が中心ですし、

アドバイザーはワインの国ごとの知識が重要です。

エキスパートは愛好家としての知識ですので、今年は範囲が一番少ないようです。

添付が見れない方はご連絡ください。


☆今週のポケットからのお知らせ☆


6月24日(木)19時~「フランス名譲ワイン産地、ローヌ・アルザスのワイン5種です。」

ちょっとしたオードブルを楽しみながら、ローヌとアルザスワインを楽しみましょう!

7月には、フランス食品振興会のイベントも開催されます。


6月26日(土)19時~のフランスワイン会を開催いたします。

この機会にぜひ、料理とワインを飲んで、食べて、楽しみながら覚えましょうね。

フランスワイン1本と会費3,500円です!!


6月27日(日)18時~ フランス南品種のティスティング講座 5種類のティスティング


ご予約受付中ですので、ぜひいらっしゃってくださいね!

ポケット問題35
次の中からイタリアワインの格付けの最上位にあるDOCGワインに昇格するために、DOCワインに要求される過去の実績としての最小年限数に該当するものを1つ選んでください。
1、1年

2、3年

3、5年正解です!!最低5年間でしたね。

4、7年

ポケット問題36

次のDOCGワインの中から赤だけの生産が認められているものを1つ選んでください。


1、Recioto di Gambellara→08年昇格 ヴェネト州 ガルガーネガ 白甘口

2、Moscato di Scanzo→09年昇格 ロンバルディア州モスカートですが 赤のみ!

3、Fiano di Avellino→カンパーニャ州 白

4、Vermentino di Gallura→サルディニャ 白

ポケット問題37


次のイタリアの州の中からテレニア海に面していない州を1つ選んでください。


1、Umbria→緑のウンブリアは中部イタリアで唯一海に面していませんね!


2、Toscana


3、Lazzio


4、Campania


ポケット問題38
次のイタリアワイン法が成立した年号を選んでください。
1、1935年
2、1949年
3、1963年
4、1992年


ポケット問題39
次のイタリアワイン法の歴史に関する記述の中から①、②に当てはまる語句を以下から選んでください。
「18世紀トスカーナ大公国のコジモ3世が自国の著名なワインをマガイモノから護るために、Chanti、①、②
などのワイン生産地の線引きをした。
1、①Montalcino ②San Gimignano
2、②Carmignano ②Pomino
3、①Montalcino ②Montepulciano
4、①Bolgheri ②Pomino

チーズのお土産もらいました。

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

今度はチーズのお土産もらいました。
今回はワインの受験講座を受けている生徒さんからです。
とても面白い方で、高級なワインしか飲んだことがないらしく、教本に書いてあるブルゴーニュだったら、グラン・クリュ、ボルドーなら格付けシャトーの銘柄を見てだいたい飲んだことがあるそうです。
あまりにも良いワインばかり飲んでいるので、受験講座で出すワインは基本的に3000円くらいのワインです。このようなワインは、あまり飲んだことがないらしく、よく分からないを連発しております。
その方が、フランスにお仕事に行き、今のユーロ安さから思わずチーズを大量買こんだそです。
ヴァランセ
ヴァランセ02.JPG
クロタン・ド・シャヴィニョール
クロタン・ド・シャヴィニョール.JPG

Petis les Amis
Petis les Amis01.JPG

また、フランスに行くことになり、買い込んだチーズをおすそ分けしていたき、そのチーズを21日月曜日ワインの試験対策の後、教本に書いてあるチーズと共に食べました。
やはり、チーズは地元で作られているチーズと同じ地方のワインとはとても相性が良いのがよく判り、持ってきた生徒さんも自分でワインを合わせることが難しいので、また持ってくるそうです。
皆様でぜひ、一緒に試食しましょ。

和田

ワインのお土産もらいました。

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

先週の木曜日の日にポケットのチーズを取っている生徒さんからワインを頂きました。
今回仕事でベトナムに行ってくるとその前の週に話していたので、なにか珍しいものはないかと訪ねてきたので、ベトナムって元々フランス領だったこともあり、ワインやチーズも自国で作っていますと答えておいたら、ベトナムから戻ってきたときなんと、ベトナムの市場でチーズとワインを買ってきていただきました。
持ってきいただいたときは、地元の方が割れるのを心配して、新聞紙にグルグル巻きの凄いことになっておりましたが、中は勿論破れもせず、吹きこぼれもなく綺麗な状態でした。
manabe 003.JPG
manabe 002.JPG
このようなワインですが、どなたか生産地など詳しいことがわかるかた、教えて下さい。

未だ飲んでいないのですが、一杯人数が集まったときに飲もうと取っておきます。
是非ポケットのイベントに来て下さい。
26日土曜日19:00はポケットパーティー『フランスワイン持ち込みパーティ』です。

是非一緒に飲みましょう。

2010年6月21日

ポケット問題No35.36.37

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。
JSA講座を担当しております、中村友美です。
蒸し暑い日が続きますね!
こんな日には、冷やしたロゼやソーヴィニヨン・ブランがお勧めです!
今週はドイツになります!
ドイツもイタリアと同じく、新しい教本を元に、別紙プリントで授業をしています。
とても試験には重要ですので、教本と一緒に使ってくださいね。
ドイツワイン産地は世界のワイン産地の中でも、最北端の産地です!
葡萄の生育期間がとても長く、昼夜の気温差が、ゆっくりと成熟していく葡萄にアロマをもたらします。
アルコールがやや低く、芳香とフルティーさとミネラル感を持つワインは少し冷やして、
軽めのお料理とあわせていただけると思います。暑い日やランチにいいですね!

フランスを中心とした補講も開催予定です。もう一度復習したい人は、ぜひ来てください。
※日程調整中です。


いよいよ出題範囲が発表になりました!
また、受験票も届いているようですね。
今年は、昨年度までと大きく違い、呼称ごとに出題国・出題範囲が違います。
添付いたしますので、ご確認ください。
教えるほうとしましても・・・厳しいですね。
もちろんソムリエはサービス・料理が中心ですし、
アドバイザーはワインの国ごとの知識が重要です。
エキスパートは愛好家としての知識ですので、今年は範囲が一番少ないようです。
添付が見れない方はご連絡ください。

☆今週のポケットからのお知らせ☆

6月24日(木)19時~「フランス名譲ワイン産地、ローヌ・アルザスのワイン5種です。」
ちょっとしたオードブルを楽しみながら、ローヌとアルザスワインを楽しみましょう!
7月には、フランス食品振興会のイベントも開催されます。

6月26日(土)19時~のフランスワイン会を開催いたします。
この機会にぜひ、料理とワインを飲んで、食べて、楽しみながら覚えましょうね。
フランスワイン1本と会費3,500円です!!


ご予約受付中ですので、ぜひいらっしゃってくださいね!

ポケット問題33
次の中から、Piemonte州のBaroloを造る品種で、Lombardiaでの呼び名を1つ選んでください。
1、Prugnolo Gentile→サンジョベーゼの別名 DOCG Vino Nobile di Montepulciano・
2、Spanna→ネッビオーロの別名 DOCG Gattinara Ghemmeで。
3、Chiavennasca正解です!
4、Brunello→サンジョベーゼの別名 DOCG Brunello di Montalcino
5、Morellino→サンジョベーゼの別名 DOCG Morellino di Scansano 

ポケット問題34
次の中からVeneto州で陰干ししたブドウから造られる辛口ワインの名称として正しいものを
1つ選んでください。
1、Recioto→Veneto州のみ陰干しの甘口
2、Passito→イタリア全体 陰干しでの甘口
3、Amarone→正解です!
4、Sforzato→Lonbardia州のDOCG Sforzato di Valtellina でのみ使用。陰干しで造る辛口

ポケット問題35
次の中からイタリアワインの格付けの最上位にあるDOCGワインに昇格するために、DOCワインに要求される過去の実績としての最小年限数に該当するものを1つ選んでください。
1、1年
2、3年
3、5年
4、7年
ポケット問題36

次のDOCGワインの中から赤だけの生産が認められているものを1つ選んでください。

1、Recioto di Gambellara

2、Moscato di Scanzo

3、Fiano di Avellino

4、Vermentino di Gallura
ポケット問題37

次のイタリアの州の中からテレニア海に面していない州を1つ選んでください。

1、Umbria

2、Toscana

3、Lazzio

4、Campania

2010年6月19日

ワインの試飲会に行ってきました。

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

6月16日に高瀬物産のワインの試飲会に行ってきました。
ワインだけではなかったのですが、どうしてもワインの方に目がいってしまいます。

今日の中でも特に素晴らしかったのは、フランス、アルザス地方の作り手Marcel Deiss(マルセル・ダイス)さんのワインとブルゴーニュ、シャブリのDoaine de la Boissonneuseさんと、

takase.JPG

ローヌ地方のVidal-Fleuryさんのコート・ロティChatillonneでした。

ちょうどダイスさんの娘さん(イレーヌさん)がワインを紹介にいらっしゃっており、少しお話をすることができました。
アルザスはフランスの北部で、ドイツの隣。南北に長くドイツの併合もあり、ドイツを彷彿させる建物や風景がとても魅力で、特にクリスマスの時期は素晴らしいですよ。
このダイスさんのドメーヌはアルザスのちょうど真ん中辺りのベルクハイムと言う小さな村に1744年からワインを生産するワインの老舗になります。
現在のワイン生産をしている方がイレーヌさんのお父様ジャン・ミッシェル・ダイス氏です。
このジャン氏は化学肥料や農薬を使っていたブドウの栽培方法自体を伝統的な無農薬、自然の肥料に変え栽培する方法とその土壌の地質を調査し、最適なブドウを植えることにより、アルザスで一番評価の高い生産者になっていきました。
今では伝説的にも成っているMamburg グランクリュなどは一度飲んだら、その印象はなかなか忘れがたいものです。
今年のポケットのツアーは10月9日から10月17日まで行く予定にしておりました。
イレーヌさんと話をして、マルセル・ダイスさんのドメーヌと畑を見学させていただけることになりました。
予定としてはブルゴーニュ、アルザス、シャンパーニュ、パリと訪問する予定です。
ご一緒に、行きたいって思う方は是非、ご一報を。残り席4つです。

6月19日

和田

2010年6月17日

ポケット問題No33.34

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。
JSA講座を担当しております、中村友美です。
今日は暑いですねえ!!30度近く上がっていたようですが、明日からはまた梅雨模様です。
私ももう3週間以上風邪が治りません、この次期は特に長引くので皆さんも気をつけてくださいね!!
今週もイタリアですね!そして、ワールドカップも開幕して、寝不足も続くかもですね(笑)

いよいよ梅雨に入りましたので、イタリアワインで気分は晴れやかに!
太陽をさんさんと浴びたワインは果実味いっぱいです!
パスタやリゾットそして、地方料理もいっぱいですが、どんな料理にも合いやすく、親しみやすく
そして、リーズナブルなのがとっても人気ですよね!

イタリアからは新しい教本を元に、別紙プリントで授業をしています。
とても試験には重要ですので、教本と一緒に使ってくださいね。

フランスを中心とした補講も開催予定です。もう一度復習したい人は、ぜひ来てください。
※日程調整中です。


いよいよ出題範囲が発表になりました!
また、受験票も届いているようですね。
今年は、昨年度までと大きく違い、呼称ごとに出題国・出題範囲が違います。
添付いたしますので、ご確認ください。
教えるほうとしましても・・・厳しいですね。
もちろんソムリエはサービス・料理が中心ですし、
アドバイザーはワインの国ごとの知識が重要です。
エキスパートは愛好家としての知識ですので、今年は範囲が一番少ないようです。
添付が見れない方はご連絡ください。

☆ポケットからのお知らせ☆

6月19日(土)19時~ 「ブルゴーニュ地方のワインとチーズ」になります!
ワイン3種・チーズ3種・お食事つきのとっておもお得なワインセミナーです!
会費5,250円(ワイン・食事代金込み)


6月26日(土)19時~のフランスワイン会を開催いたします。
この機会にぜひ、料理とワインを飲んで、食べて、楽しみながら覚えましょうね。
フランスワイン1本と会費3,500円です!!

6月18日(金)19時半からはレストランスペースで、
ティスティングの補講グラスワイン1杯400円(フランスワイン)と
フランス地方料理を食べながら覚える会も開催いたします!

ご予約受付中ですので、ぜひいらっしゃってくださいね!


問い32
次の中から、イタリアワインの記載について間違っているものを選んでください。

1、2006年度VQPRD上位1位はMontepulciano d'Abuzzoである。

2、DOCGは2010年01月現在44である。

3、2006年度イタリアの生産量は約5千2百万hlで、世界第2位ある。

4、LazioのDOCFrascatiの甘口の表記はDolceである。→正解です!!

イタリアは独自の用語がたくさん出てきていますので、
陰干しの甘口、陰干しでも辛口さらに甘辛度表記も見直してくださいね!
DOCFrascatiの甘口はCannellino(カンネリーノ)と表記します。

ポケット問題33
次の中から、Piemonte州のBaroloを造る品種で、Lombardiaでの呼び名を1つ選んでください。
1、Prugnolo Gentile ・
2、Spanna
3、Chiavennasca
4、Brunello
5、Morellino

ポケット問題34
次の中からVeneto州で陰干ししたブドウから造られる辛口ワインの名称として正しいものを
1つ選んでください。
1、Recioto
2、Passito
3、Amarone
4、Sforzato

佐竹さんの絶品パスタ

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

100616_114902.jpg


こんにちは♪
ここで働くようになって、早1ヶ月半!アシスタントの時谷です。

もうすぐフランス語検定です。
その後は、チーズプロフェッショナル。
そしてその次は、私も受けるJSA。

は~。勉強しなくちゃ。。
みなさん、一緒にがんばりましょうね。

今日の写真☆

さて、誰でしょう・・?

答えは、同じくアシスタントの佐竹さんです。
隠し撮りです。ばれてないので大丈夫です。

月曜日と水曜日は、佐竹さんがランチを作ってますよ。

定番のカルボナーラや、アラビアータをはじめ、
9種類のパスタとリゾットから選ぶことが出来て、
●バゲット+サラダorスープ+コーヒーor紅茶のセットで800円です。

値段も魅力ですが、佐竹さんの作るパスタは絶品です!
ぜひみなさん食べにきてくださいね~(^^)/

2010年6月16日

イタリアン試作

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

イワシのカレー風味 クスクス添えのサムネール画像

アシスタントの時谷です。

和田先生にブログ係を任命されたので、
ちょっと書いてみたいと思います。

今日は、6月後半のイタリアン(料理)講座の試作をしました☆
今回のメニューは、

 <<初夏に贈るメニュー>>
 ■ 牛肉の包み焼きローマ風
 ■ 鰯のカレー風味、クスクス添
 ワイン:ネロ・ダボーラ

試作なので、作りながらレシピの確認をしていきます。

イワシのカレー風味は、急きょ圧力鍋で煮ることにして、
骨まで食べれるようにレシピを変更。

合わせたワインは、南イタリア産の、
ふっくらと厚みのあるミディアムボディの赤ワインです。

牛肉の包み焼きとの相性はもちろんのこと、
イワシのカレーともばっちりです♪

2010年6月15日

ポケット問題No32

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。
JSA講座を担当しております、中村友美です。
今週もイタリアですね!そして、ワールドカップも開幕して、寝不足も続くかもですね(笑)
カメルーン戦勝ちましたね!次は土曜日オランダ戦です。
昨日は恵比寿の街は遅くまで盛り上がっていたようですよ!
ポケットでもモニターがありますので、ワインを飲みながら観戦できるといいですね!
和田先生にお願いしてみましょう!!

いよいよ梅雨に入りましたので、イタリアワインで気分は晴れやかに!
太陽をさんさんと浴びたワインは果実味いっぱいです!
パスタやリゾットそして、地方料理もいっぱいですが、どんな料理にも合いやすく、親しみやすく
そして、リーズナブルなのがとっても人気ですよね!

イタリアからは新しい教本を元に、別紙プリントで授業をしています。
とても試験には重要ですので、教本と一緒に使ってくださいね。

フランスを中心とした補講も開催予定です。もう一度復習したい人は、ぜひ来てください。
※日程調整中です。


いよいよ出題範囲が発表になりました!
また、受験票も届いているようですね。
今年は、昨年度までと大きく違い、呼称ごとに出題国・出題範囲が違います。
添付いたしますので、ご確認ください。
教えるほうとしましても・・・厳しいですね。
もちろんソムリエはサービス・料理が中心ですし、
アドバイザーはワインの国ごとの知識が重要です。
エキスパートは愛好家としての知識ですので、今年は範囲が一番少ないようです。
添付が見れない方はご連絡ください。

☆ポケットからのお知らせ☆

6月19日(土)19時~ 「ブルゴーニュ地方のワインとチーズ」になります!
ワイン3種・チーズ3種・お食事つきのとっておもお得なワインセミナーです!
会費5,250円(ワイン・食事代金込み)


6月26日(土)19時~のフランスワイン会を開催いたします。
この機会にぜひ、料理とワインを飲んで、食べて、楽しみながら覚えましょうね。
フランスワイン1本と会費3,500円です!!

6月18日(金)19時半からはレストランスペースで、
ティスティングの補講グラスワイン1杯400円(フランスワイン)と
フランス地方料理を食べながら覚える会も開催いたします!

ご予約受付中ですので、ぜひいらっしゃってくださいね!


問い31
次の2008年度イタリアのワイン生産量上位5州の中から5位までに入っていない州を1つ選んでください。
1、Piemonte正解です!!
2、Veneto
3、Sicilia
4、Emilia Romagna
5、Toscana
2008年度の順位が変更になっています!!こちらで覚えてくださいね。
1.ヴェネト
2.プーリア
3.エミリア・ロマーニャ
4.シチリア
5.トスカーナ

問い32
次の中から、イタリアワインの記載について間違っているものを選んでください。

1、2006年度VQPRD上位1位はMontepulciano d'Abuzzoである。

2、DOCGは2010年01月現在44である。

3、2006年度イタリアの生産量は約5千2百万hlで、世界第2位ある。

4、LazioのDOCFrascatiの甘口の表記はDolceである。

ポケット問題No31

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。
JSA講座を担当しております、中村友美です。
今週もイタリアですね!そして、ワールドカップも開幕して、寝不足も続くかもですね(笑)
いよいよ梅雨に入りましたので、イタリアワインで気分は晴れやかに!
太陽をさんさんと浴びたワインは果実味いっぱいです!
パスタやリゾットそして、地方料理もいっぱいですが、どんな料理にも合いやすく、親しみやすく
そして、リーズナブルなのがとっても人気ですよね!

イタリアからは新しい教本を元に、別紙プリントで授業をしています。
とても試験には重要ですので、教本と一緒に使ってくださいね。

フランスを中心とした補講も開催予定です。もう一度復習したい人は、ぜひ来てください。
※日程調整中です。


いよいよ出題範囲が発表になりました!
また、受験票も届いているようですね。
今年は、昨年度までと大きく違い、呼称ごとに出題国・出題範囲が違います。
添付いたしますので、ご確認ください。
教えるほうとしましても・・・厳しいですね。
もちろんソムリエはサービス・料理が中心ですし、
アドバイザーはワインの国ごとの知識が重要です。
エキスパートは愛好家としての知識ですので、今年は範囲が一番少ないようです。
添付が見れない方はご連絡ください。

☆ポケットからのお知らせ☆

6月19日(土)19時~ 「ブルゴーニュ地方のワインとチーズ」になります!
ワイン3種・チーズ3種・お食事つきのとっておもお得なワインセミナーです!
会費5,250円(ワイン・食事代金込み)


6月26日(土)19時~のフランスワイン会を開催いたします。
この機会にぜひ、料理とワインを飲んで、食べて、楽しみながら覚えましょうね。
フランスワイン1本と会費3,500円です!!

6月18日(金)19時半からはレストランスペースで、
ティスティングの補講グラスワイン1杯400円(フランスワイン)と
フランス地方料理を食べながら覚える会も開催いたします!

ご予約受付中ですので、ぜひいらっしゃってくださいね!

問い30
次のフランスAOCワインの中から、赤のみの生産が認められているものを選らんでください。
1、Saumur-Champigny→正解です!ロワール よく出題されています!
2、Coteaux Champenois→シャンパーニュ 赤・白・ロゼ
3、Hermitage→コート・デュ・ローヌ 赤・白・パイユ
4、Bandol→プロヴァンス、赤・白・ロゼ、赤ロゼの品種はMourvédre 赤は木樽熟成18ヶ月!
5、Banyuls→ラングドック・ルーション 赤・白・ロゼ グランクリュは赤のみ!30ヶ月熟成義務!


問い30
次の2008年度イタリアのワイン生産量上位5州の中から5位までに入っていない州を1つ選んでください。
1、Piemonte
2、Veneto
3、Sicilia
4、Emilia Romagna
5、Toscana

2010年6月12日

ポケット問題No30

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。
JSA講座を担当しております、中村友美です。
今週からは2週続けてイタリアですね!
太陽をさんさんと浴びたワインは果実味いっぱいです!
パスタやリゾットそして、地方料理もいっぱいですが、どんな料理にも合いやすく、親しみやすく
そして、リーズナブルなのがとっても人気ですよね!

イタリアからは新しい教本を元に、別紙プリントで授業をしています。
とても試験には重要ですので、教本と一緒に使ってくださいね。

フランスを中心とした補講も開催予定です。もう一度復習したい人は、ぜひ来てください。

※大変申し訳ありません。小テストの解答が間違っておりました。確認してください!
問い2
Cognac/Armagnacの伝統的蒸留方法に該当するものを次の1~5の中から1つ選び、その番号を解答欄に
記入して下さい。
1、連続式蒸留1回/単式蒸留1回
2、連続式蒸留2回 /単式蒸留1回
3、単式蒸留2回/連続式蒸留1回
4、単式蒸留3回/連続式蒸留1回
解答(    3     )

いよいよ出題範囲が発表になりました!
また、受験票も届いているようですね。
今年は、昨年度までと大きく違い、呼称ごとに出題国・出題範囲が違います。
添付いたしますので、ご確認ください。
教えるほうとしましても・・・厳しいですね。
もちろんソムリエはサービス・料理が中心ですし、
アドバイザーはワインの国ごとの知識が重要です。
エキスパートは愛好家としての知識ですので、今年は範囲が一番少ないようです。
添付が見れない方はご連絡ください。

☆ポケットからのお知らせ☆

6月26日(土)19時~のフランスワイン会を開催いたします。
この機会にぜひ、料理とワインを飲んで、食べて、楽しみながら覚えましょうね。
フランスワイン1本と会費3,500円です!!

6月18日(金)19時半からはレストランスペースで、
ティスティングの補講グラスワイン1杯400円(フランスワイン)と
フランス地方料理を食べながら覚える会も開催いたします!

どちらもご予約受付中ですので、ぜひいらっしゃってくださいね!


6月にはワインのためのフランス語講座を開催します!
ワイン産地や品種、醸造用語など、どうしてもフランス語がわからない、
ラベルを少しでも読めるようになりたい方。また、用語の復習もできますよ!
フランス語の館野由紀先生がやさしく教えてくれますよ。
まだ、土曜日のご予約できます!フランスの総復習にぜひ受講してくださいね。

6月12日(土曜日)18:30~20:00 まだご予約受け付けております!!
受講料:2100円(税込)
最低開催人数 3名
支払方法 :当日現金持ち込み(当日キャンセルの場合はキャンセル料金が発生します。)
上記の日程で開催いたしますので、ぜひご予約の上いらっしゃってくださいね!
問い29

葡萄品種の名称は、国や地域により色々な呼び方が存在し、シノニム(異名)といわれているが、次の中からChardonnayのシノニム該当するものを
1つ選んでください。
1、Gros Plamt
2、Melon de Brougogne
3、Pinot Blanc
4、Melon d'Arbois(スペルが違っていてすみません。)正解です!MelonとつくものはChardonnayとMuscadetがありますので、しっかり覚えてくださいね。
2はMuscadet 覚えられる人は、1の別名Folle Blanche、3のKlevnerも。

問い29

次の中からフランスワインの歴史の中で、イギリスや北欧にワインが輸出されるようになった世紀に該当するものを1つ選んでください。
1、12世紀→正解です!教本P28より 昨年度出題されています!
2、13世紀
3、14世紀
4、15世紀

問い30
次のフランスAOCワインの中から、赤のみの生産が認められているものを選らんでください。
1、Saumur-Champigny
2、Coteaux Champenois
3、Hermitage
4、Bandol
5、Banyuls

2010年6月11日

久々にワイン会開催それも、1970年のワイン

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

ポケットワインサロンの和田です。
久々に良いワインが手に入りました。
状態の良い1970年のワイン本を水平テイスティングです。
銘柄は下記の4種類です。
Ch.4Btille 1970-2.JPG
Ch Croizet Bage 1970 Pauillac 5級
Ch.Pavie      1970 St-Emilion Premiers Grands Crus Classés B
Ch. La Tour-Haut-Brion1970 Talence  Graves格付け
Château Pez 1970 Saint-Estèphe Crus Bourgeois Exceptionnels

最初はシャンパーニュで乾杯をしてから1970年のテイスティングを開催する予定です。

こんな感じです。
各地区の70年を水平で飲むことができるのは今回限りです。是非ご賞味下さい。
1970年はボルドーでは非常に良い年としても有名な年です。これに続くとしては1975年、1988年などがありますがワインとしてはちょうどピークでしょう。

特にポムロールやサンテミリオンが評価が高い年となっていますよね。
そのワインを一同に介して飲むことが出来る絶好の機会です。

開催日

2010年07月11日日曜日 18:00より 2時間半
定員
8名

料金
22.000円税込

料理
オードブル 盛り合わせ 1品
パスタ            1品
パン (バケットを予定)
資料などを含みます。

この件に関してお問い合わせ質問はポケットのお申し込みホームからいらっしゃって下さい。
是非お待ちしております。

ポケット問題No29

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。
JSA講座を担当しております、中村友美です。
前半のまとめテストお疲れ様でした。
今週は宿題はないのですが、50点以下の方は、もう一度まとめテストを教本を辞書代わりに
やってみてくださいね。今週からはイタリアです。フランスほど細かく覚えることは少ないのですが、後半からは講座のペースも速くなりますので、復習はしっかりとしてくださいね。
最高点数は91点でした!!
フランスを中心とした補講も開催予定です。もう一度復習したい人は、ぜひ来てください。
イタリアからは新しい教本を元に、別紙プリントで授業をしています。
とても試験には重要ですので、教本と一緒に使ってくださいね。

※大変申し訳ありません。小テストの解答が間違っておりました。確認してください!
問い2
Cognac/Armagnacの伝統的蒸留方法に該当するものを次の1~5の中から1つ選び、その番号を解答欄に
記入して下さい。
1、連続式蒸留1回/単式蒸留1回
2、連続式蒸留2回 /単式蒸留1回
3、単式蒸留2回/連続式蒸留1回
4、単式蒸留3回/連続式蒸留1回
解答(    3     )

いよいよ出題範囲が発表になりました!
また、受験票も届いているようですね。
今年は、昨年度までと大きく違い、呼称ごとに出題国・出題範囲が違います。
添付いたしますので、ご確認ください。
教えるほうとしましても・・・厳しいですね。
もちろんソムリエはサービス・料理が中心ですし、
アドバイザーはワインの国ごとの知識が重要です。
エキスパートは愛好家としての知識ですので、今年は範囲が一番少ないようです。
添付が見れない方はご連絡ください。

☆ポケットからのお知らせ☆

6月26日(土)19時~のフランスワイン会を開催いたします。
この機会にぜひ、料理とワインを飲んで、食べて、楽しみながら覚えましょうね。
フランスワイン1本と会費3,500円です!!

6月18日(金)19時半からはレストランスペースで、
ティスティングの補講グラスワイン1杯400円(フランスワイン)と
フランス地方料理を食べながら覚える会も開催いたします!

どちらもご予約受付中ですので、ぜひいらっしゃってくださいね!


6月にはワインのためのフランス語講座を開催します!
ワイン産地や品種、醸造用語など、どうしてもフランス語がわからない、
ラベルを少しでも読めるようになりたい方。また、用語の復習もできますよ!
フランス語の館野由紀先生がやさしく教えてくれますよ。
まだ、土曜日のご予約できます!フランスの総復習にぜひ受講してくださいね。

6月12日(土曜日)18:30~20:00
受講料:2100円(税込)
最低開催人数 3名
支払方法 :当日現金持ち込み(当日キャンセルの場合はキャンセル料金が発生します。)
上記の日程で開催いたしますので、ぜひご予約の上いらっしゃってくださいね!

今週の問題は、前半の総復習です!
ポケット問題28
①次の中から北半球の温暖な地域(年1回の収穫)での一般的な、開花から収穫までの日数に該当するものを1つ選んでください。
1、約50日
2、約100日→正解です!
3、約200日
4、約300日
②次の赤ワインの醸造に関する(  )に該当する語句を①~④の下記の中から1つ選んでください。
「黒葡萄を除梗、破砕し酵母を添加する。この時、地域や年により(1)する場合がある。
また発酵中は果皮や果肉が丈夫に浮上し(2)を形成するために(3)を行う。発酵終了後は下部のワインを抜き、残った果皮等を(4)する。」

1、シュール・リー
2、酸膜
3、加熱殺菌
4、圧搾

1、補糖
2、ピジャージュ
3、ルモンタージュ
4、澱引き

1、補糖
2、果帽
3、加熱殺菌
4、圧搾
④→正解です!
1、補糖
2、果帽
3、ルモンタージュ
4、圧搾
このような総合問題も出題されます。重要なところはしっかりと覚えてくださいね。

問い28

葡萄品種の名称は、国や地域により色々な呼び方が存在し、シノニム(異名)といわれているが、次の中からChardonnayのシノニム該当するものを
1つ選んでください。
1、Gros Plamt
2、Melon de Brougogne
3、Pinot Blanc
4、Mepon d'Arbois

問い29

次の中からフランスワインの歴史の中で、イギリスや北欧にワインが輸出されるようになった生気に該当するものを1つ選んでください。
1、12世紀
2、13世紀
3、14世紀
4、15世紀

2010年6月 8日

ポケット問題No28

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。
JSA講座を担当しております、中村友美です。
前半のまとめテストお疲れ様でした。
今週は宿題はないのですが、50点以下の方は、もう一度まとめテストを教本を辞書代わりに
やってみてくださいね。今週からはイタリアです。フランスほど細かく覚えることは少ないのですが、後半からは講座のペースも速くなりますので、復習はしっかりとしてくださいね。
最高点数は91点でした!!
フランスを中心とした補講も開催予定です。もう一度復習したい人は、ぜひ来てください。
私事ですが・・・風邪をこじらしてしまいまして、ダウンしてしまいました。
問題を送信できずにごめんなさい。

※大変申し訳ありません。小テストの解答が間違っておりました。確認してください!
問い2
Cognac/Armagnacの伝統的蒸留方法に該当するものを次の1~5の中から1つ選び、その番号を解答欄に
記入して下さい。
1、連続式蒸留1回/単式蒸留1回
2、連続式蒸留2回 /単式蒸留1回
3、単式蒸留2回/連続式蒸留1回
4、単式蒸留3回/連続式蒸留1回
解答(    3     )

いよいよ出題範囲が発表になりました!
また、受験票も届いているようですね。
今年は、昨年度までと大きく違い、呼称ごとに出題国・出題範囲が違います。
添付いたしますので、ご確認ください。
教えるほうとしましても・・・厳しいですね。
もちろんソムリエはサービス・料理が中心ですし、
アドバイザーはワインの国ごとの知識が重要です。
エキスパートは愛好家としての知識ですので、今年は範囲が一番少ないようです。
添付が見れない方はご連絡ください。

☆ポケットからのお知らせ☆

6月26日(土)19時~のフランスワイン会を開催いたします。
この機会にぜひ、料理とワインを飲んで、食べて、楽しみながら覚えましょうね。
フランスワイン1本と会費3,500円です!!

6月18日(金)19時半からはレストランスペースで、
ティスティングの補講グラスワイン1杯400円(フランスワイン)と
フランス地方料理を食べながら覚える会も開催いたします!

どちらもご予約受付中ですので、ぜひいらっしゃってくださいね!


6月にはワインのためのフランス語講座を開催します!
ワイン産地や品種、醸造用語など、どうしてもフランス語がわからない、
ラベルを少しでも読めるようになりたい方。また、用語の復習もできますよ!
フランス語の館野由紀先生がやさしく教えてくれますよ。
6月 9日(水曜日)19:00~20:30 6月10日(木曜日)15:00~16:30
6月12日(土曜日)18:30~20:00
受講料:2100円(税込)
最低開催人数 3名
支払方法 :当日現金持ち込み(当日キャンセルの場合はキャンセル料金が発生します。)
上記の日程で開催いたしますので、ぜひご予約の上いらっしゃってくださいね!

ポケット問題27
①次の酒類の中から醸造工程で蒸留しないものを1つ選んでください。
1、Rhum
2、Cidre→正解です!
3、Gin
4、Vodka
醸造酒と蒸留酒の銘柄はしっかり覚えましょう!

②次のウイスキーに関する記述の中から誤っているものを1つ選んでください。
1、とうもろこしなどの原料から造ったウイスキーはグレーンウイスキーと呼ばれる。
2、モルトウイスキー原酒だけでつくったものは、ピュアーモルトウイスキーである。
3、シングルモルトウイスキーは同じ蒸留所のモルトウイスキー原酒から造る。
4、グレーンウイスキー原酒だけを混和したものは、ブレンディッドウイスキーである。
モルトウイスキー原酒+グレーンウイスキー原酒になります。

今週の問題は、前半の総復習です!
ポケット問題28
①次の中から北半球の温暖な地域(年1回の収穫)での一般的な、開花から収穫までの日数に該当するものを1つ選んでください。
1、約50日
2、約100日
3、約200日
4、約300日
②次の赤ワインの醸造に関する(  )に該当する語句を①~④の下記の中から1つ選んでください。
「黒葡萄を除梗、破砕し酵母を添加する。この時、地域や年により(1)する場合がある。
また発酵中は果皮や果肉が丈夫に浮上し(2)を形成するために(3)を行う。発酵終了後は下部のワインを抜き、残った果皮等を(4)する。」

1、シュール・リー
2、酸膜
3、加熱殺菌
4、圧搾

1、補糖
2、ピジャージュ
3、ルモンタージュ
4、澱引き

1、補糖
2、果帽
3、加熱殺菌
4、圧搾

1、補糖
2、果帽
3、ルモンタージュ
4、圧搾

時谷さん、六本木でライブ

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

アシスタントでいつもポケットを手伝っていただいている時谷愛芽さんが、六本木『サテンドール』でジャズライブを行った。どんなもんだろうっていう感じで言ってみたら、こりゃすごい本格的ビックリ。教室でアシスタントや、ビストロでのソムリエ姿とは全く違ったとても『妖艶な』姿が見られました。
写真を載せておくので是非またライブがある時は皆様にお知らせしますね。
10.06.tokiya002.jpg

教室の皆さんで応援です。

10.06.tokiya000.jpg

バックの皆様も素晴らしい方が揃っており、本当に素晴らしいライブでした。

2010年6月 3日

ポケット問題No27

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。
JSA講座を担当しております、中村友美です。
今週は、前半のまとめテストです!
今日までの最高点数は76点です。
(30点以下の方は・・・強制補講で呼び出しですので(笑)がんばってください。現在のところ3名います・・・・)
昨年度の出題率は70問中25問です。
(ポケットで今までの授業でやった範囲からの問題です。)
やはり、フランスは産地の名前だけではなく、手の込んだ問題も出題されます。
格付けシャトー問題も出題されますね!AOCタイプ問題は必須です。
今のうちにしっかり復習してくださいね!

※大変申し訳ありません。小テストの解答が間違っておりました。確認してください!
問い2
Cognac/Armagnacの伝統的蒸留方法に該当するものを次の1~5の中から1つ選び、その番号を解答欄に
記入して下さい。
1、連続式蒸留1回/単式蒸留1回
2、連続式蒸留2回 /単式蒸留1回
3、単式蒸留2回/連続式蒸留1回
4、単式蒸留3回/連続式蒸留1回
解答(    3     )

いよいよ出題範囲が発表になりました!
また、受験票も届いているようですね。
今年は、昨年度までと大きく違い、呼称ごとに出題国・出題範囲が違います。
添付いたしますので、ご確認ください。
教えるほうとしましても・・・厳しいですね。
もちろんソムリエはサービス・料理が中心ですし、
アドバイザーはワインの国ごとの知識が重要です。
エキスパートは愛好家としての知識ですので、今年は範囲が一番少ないようです。
添付が見れない方はご連絡ください。

来週から前半テストになります。
小テストの見直しをはじめてくださいね!
試験内容は実際よりもちょっと難しくしてありますので、
まずは半分取れるようにがんばってください。

6月26日(土)19時~のフランスワイン会を開催いたします。
この機会にぜひ、料理とワインを飲んで、食べて、楽しみながら覚えましょうね。
フランスワイン1本と会費3,500円です!!

6月18日(金)19時半からはレストランスペースで、
ティスティングの補講グラスワイン1杯400円(フランスワイン)と
フランス地方料理を食べながら覚える会も開催いたします!

どちらもご予約受付中ですので、ぜひいらっしゃってくださいね!


6月にはワインのためのフランス語講座を開催します!
ワイン産地や品種、醸造用語など、どうしてもフランス語がわからない、
ラベルを少しでも読めるようになりたい方。また、用語の復習もできますよ!
フランス語の館野由紀先生がやさしく教えてくれますよ。
6月 9日(水曜日)19:00~20:30 6月10日(木曜日)15:00~16:30
6月12日(土曜日)18:30~20:00
受講料:2100円(税込)
最低開催人数 3名
支払方法 :当日現金持ち込み
上記の日程で開催いたしますので、ぜひご予約の上いらっしゃってくださいね!


問題26 ①
次の記述に該当するビールを下記から1つ選んでください。
「チェコのプルセニュ生まれの爽快な風味の淡色ビール。世界中で最も普及、
日本の多くの淡色ビールもこのタイプ。アルコール4,0~5.0%」
1、ピルスナー→正解です。下面発酵
2、エール→イギリス、上面発酵
3、アルト→ドイツのデュッセルドルフ 上面発酵
4、トラピスト→ベルギー、上面発酵

②清酒は「清酒の製法品質表示基準」により定められた特定名称種があるが、
次の中から米、米麹、水のみを原料として製造した清酒で香味および色沢が良好なものを
1つ選んでください。
1、吟醸酒
2、大吟醸酒
3、本醸造酒
4、純米酒→正解です!
4以外には、醸造アルコールが使用されますね。
ポケット問題27
①次の酒類の中から醸造工程で蒸留しないものを1つ選んでください。
1、Rhum
2、Cidre
3、Gin
4、Vodka
②次のウイスキーに関する記述の中から誤っているものを1つ選んでください。
1、とうもろこしなどの原料から造ったウイスキーはグレーンウイスキーと呼ばれる。
2、モルトウイスキー原酒だけでつくったものは、ピュアーモルトウイスキーである。
3、シングルモルトウイスキーは同じ蒸留所のモルトウイスキー原酒から造る。
4、グレーンウイスキー原酒だけを混和したものは、ブレンディッドウイスキーである。

JSA2010年ソムリエ協会新教本

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

ポケットの受験者や関係者の方々に。
今年の受験にお申し込みの生徒さんに早くもそむえ協会から受験票と一緒に分厚い教本とDVDが添付されてきました。
今回の表紙はなんと真っ赤です。開けた瞬間ちょっとビビるほど真っ赤!
中を見てまたびっくり。大幅な変更が幾つもあり、ちょっと苦戦しそうです。
ざっと見たところ、概論のEUの規定、フランスの概論などが細かくなり、ボルドーも地域ごとわかりやすく細かくなっております。
また、ブルゴーニュは村の地図が新しく加わったのですが、この地図が見にくい。
どの方向が北なのかがわかりにくく、見慣れている方でも相当苦戦すると思います。
また、フランスは各地方ごとに細かな地図が相当細かくなっております。
特にびっくりしたのは、ドイツの変化がすごい。また、イタリアの文章がかなり細かくなり、DOPと言うカテゴリーが新設されて、その中に旧DOCやDOCGも相変わらず載っていると言う、誠にわかりにくい状態の非常時になっております。
と言うことは、昨年新設されたDOPとDOCGを両方共覚えることになるようですね。
その他は未だ見ておりませんので、詳しくは、また報告します。

取り敢えずわかり易く解説できるよう教本を読み込みましょう。

和田

2010年6月 2日

2010年06月イタリアン・スーペリオーレ1メニュー

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

Anguilla(アニョーラ) alla(アラ) Maremma(マレンマ) (鰻のマレンマ風)
10.06italia01000.jpg
マレンマはトスカーナの産地名でシエナからテレニア海に向う地域。湖沼があり、ウナギなど川魚や海の魚などの料理も多く、現地では筒切りにしたうなぎを使うようです。
しかし、生きているウナギをそのまま使うのは普通の方は中々出来ないので、白焼きを使ってみました。
これが意外と美味しい。
ウナギ独特の泥臭さも抑えることが出来、キアンティ・クラッシッコとも相性抜群でした。

linguine(リングイネ) al(アル) sugo(スーゴ) di(ディ) gamberi(ガンベーラ) aglio(アニョロ) e(エ) verdure(ベルデュール) (緑野菜とむき海老のリングイネガーリックソース)
10.06italia01003.jpg
linguineは、イタリア料理でロングパスタの一種。
リングイネの語源はlingua di passero(リングア・ディ・パッセロ)、イタリア語で「スズメの舌」から。
断面が短径1ミリメートル、長径3ミリメートルの楕円形をしているため、通常のスパゲッティと平麺パスタの両方の食感が味わえる。麺の表面がザラザラとしており、ソースが絡みやすく、かつ、ソースの水分がパスタに浸透し過ぎないため、アルデンテ状態を長く保てるため、魚介系のソースに使うと美味しいですよ。
今週と来週のメニューです。是非ご参加下さい。
また、ビストロのグランドメニューにも加えることに決定。
特にJSAの受験などお考えの方は一度お味見を!!

和田

ご意見がありましたら、ken@pocket-salon.jpまで。

ポケット問題No26

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。
JSA講座を担当しております、中村友美です。
今週は、前半のまとめテストです!
昨年度の出題率は70問中25問です。
(ポケットで今までの授業でやった範囲からの問題です。)
やはり、フランスは産地の名前だけではなく、手の込んだ問題も出題されます。
格付けシャトー問題も出題されますね!AOCタイプ問題は必須です。
今のうちにしっかり復習してくださいね!

いよいよ出題範囲が発表になりました!
また、受験票も届いているようですね。
今年は、昨年度までと大きく違い、呼称ごとに出題国・出題範囲が違います。
添付いたしますので、ご確認ください。
教えるほうとしましても・・・厳しいですね。
もちろんソムリエはサービス・料理が中心ですし、
アドバイザーはワインの国ごとの知識が重要です。
エキスパートは愛好家としての知識ですので、今年は範囲が一番少ないようです。
添付が見れない方はご連絡ください。

来週から前半テストになります。
小テストの見直しをはじめてくださいね!
試験内容は実際よりもちょっと難しくしてありますので、
まずは半分取れるようにがんばってください。

6月26日(土)19時~のフランスワイン会を開催いたします。
この機会にぜひ、料理とワインを飲んで、食べて、楽しみながら覚えましょうね。
フランスワイン1本と会費3,500円です!!

6月18日(金)19時半からはレストランスペースで、
ティスティングの補講グラスワイン1杯400円(フランスワイン)と
フランス地方料理を食べながら覚える会も開催いたします!

どちらもご予約受付中ですので、ぜひいらっしゃってくださいね!


6月にはワインのためのフランス語講座を開催します!
ワイン産地や品種、醸造用語など、どうしてもフランス語がわからない、
ラベルを少しでも読めるようになりたい方。また、用語の復習もできますよ!
フランス語の館野由紀先生がやさしく教えてくれますよ。
6月 9日(水曜日)19:00~20:30 6月10日(木曜日)15:00~16:30
6月12日(土曜日)18:30~20:00
受講料:2100円(税込)
最低開催人数 3名
支払方法 :当日現金持ち込み
上記の日程で開催いたしますので、ぜひご予約の上いらっしゃってくださいね!

問題25 解答
①次のVDNおよびVDLの記述の中から正しいものを1つ選んでください

1、VDNは、未発酵のぶどう果汁にアルコールを添加し、発酵を停止させる。→VDL
2、VDLは葡萄の発酵中にアルコールを添加し、発酵を停止させる。→VDN
3、Muscat de Baumes de Venise Rasteau→コート・デュ・ローヌ Muscat de Lunelはルーション地方のVDLである。→ラングドック
4 ルーションのAOCBanyulsはRrBを生産しており、Grand Cruは30ヶ月の熟成義務がある。→正解です!!

②次のフランス地方料理に関する記述の中から正しいものを1つ選んでください。

1、Lamproie â la Bordelaise とは森鳩の煮込みでMâcon と相性が良いとされる。
2、Marelote d'Anguilleとはロワールの郷土料理のうなぎの赤ワイン煮でChinon Rougeとの相性が良いとされる。→正解です!!
3、CassuletとはChampagne地方の地方料理でChamagne全てのワインとの相性が良い。
4、BouillabeseはAlsaceの地方料理で、Gewurztraminerとの相性が良い。
1は、八目うなぎボルドー風で、ポイヤック・サンテミリオンとの相性がよく、マコンはカワカマスのクネル、ジャンボン・ペルシエとの相性がいいですね。
4はプロヴァンスの地方料理で、カシーとの相性がいいですね。Gewurztraminerといえば、ウオッシュチーズのマンステールとの相性がいいです。
ポケット教本の地方料理とチーズはしっかり覚えてくださいね!

問題26 ①
次の記述に該当するビールを下記から1つ選んでください。
「チェコのプルセニュ生まれの爽快な風味の淡色ビール。世界中で最も普及、
日本の多くの淡色ビールもこのタイプ。アルコール4,0~5.0%」
1、ピルスナー
2、エール
3、アルト、
4、トラピスト

②清酒は「清酒の製法品質表示基準」により定められた特定名称種があるが、
次の中から米、米麹、水のみを原料として製造した清酒で香味および色沢が良好なものを
1つ選んでください。
1、吟醸酒
2、大吟醸酒
3、本醸造酒
4、純米酒


それでは!!今週のテストがんばりましょう!!!

ポケット問題No25

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。
JSA講座を担当しております、中村友美です。
今週は、ワイン以外の飲料です。昨年度の出題率は4問でした。

いよいよ出題範囲が発表になりました!
また、受験票も届いているようですね。
今年は、昨年度までと大きく違い、呼称ごとに出題国・出題範囲が違います。
添付いたしますので、ご確認ください。
教えるほうとしましても・・・厳しいですね。
もちろんソムリエはサービス・料理が中心ですし、
アドバイザーはワインの国ごとの知識が重要です。
エキスパートは愛好家としての知識ですので、今年は範囲が一番少ないようです。
添付が見れない方はご連絡ください。

来週から前半テストになります。
小テストの見直しをはじめてくださいね!
試験内容は実際よりもちょっと難しくしてありますので、
まずは半分取れるようにがんばってください。

明日の5月29日(土)19時~のイタリアワイン会は、まだご予約できます!!
イタリアワインも毎年必ず、出題されます。
2次試験にもでますよ!
この機会にぜひ、料理とワインを飲んで、食べて、楽しみながら覚えましょうね。
イタリアワイン1本と会費3,500円です!!


6月にはワインのためのフランス語講座を開催します!
ワイン産地や品種、醸造用語など、どうしてもフランス語がわからない、
ラベルを少しでも読めるようになりたい方。また、用語の復習もできますよ!
フランス語の館野由紀先生がやさしく教えてくれますよ。
6月 9日(水曜日)19:00~20:30 6月10日(木曜日)15:00~16:30
6月12日(土曜日)18:30~20:00
受講料:2100円(税込)
最低開催人数 3名
支払方法 :当日現金持ち込み
上記の日程で開催いたしますので、ぜひご予約の上いらっしゃってくださいね!

問題24
次の中からAOCBandol Rougeの最低熟製期間と主要品種を選んでください。

①最低熟成期間
1、6ヶ月
2、12ヶ月
3、18ヶ月→正解です!
4、24ヶ月

②主要品種
1、Syrah
2,Grenache
3,Carignan
4,Mourvédre→正解です!
プロヴァンスで評価の高いロゼ・赤といえばBandolです!出題率も高いですので、しっかり覚えましょう!

問題25
①次のVDNおよびVDLの記述の中から正しいものを1つ選んでください

1、VDNは、未発酵のぶどう果汁にアルコールを添加し、発酵を停止させる。
2、VDLは葡萄の発酵中にアルコールを添加し、発酵を停止させる。
3、Muscat de Baumes de Venise Rasteau Muscat de Lunelはルーション地方のVDLである。
4 ルーションのAOCBanyulsはRrBを生産しており、Grand Cruは30ヶ月の熟成義務がある。

②次のフランス地方料理に関する記述の中から正しいものを1つ選んでください。

1、Lamproie â la Bordelaise とは森鳩の煮込みでMâcon と相性が良いとされる。
2、Marelote d'Anguilleとはロワールの郷土料理のうなぎの赤ワイン煮でChinon Rougeとの相性が良いとされる。
3、CassuletとはChampagne地方の地方料理でChamagne全てのワインとの相性が良い。
4、BouillabeseはAlsaceの地方料理で、Gewurztraminerとの相性が良い。

それでは!!来週のテストがんばりましょう!!!

2010年6月 1日

「北海道チーズ作り体験&牡蠣祭りツアー」の報告。

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

チーズ講座担当の梶田泉です。

5月21~23日に、
「北海道チーズ作り体験&牡蠣祭りツアー」を開催しました。
チーズ講座の受講生さんたち総勢9名参加の楽しい旅でしたので、そのご報告を。

初日は帯広空港につき、そのまま「十勝野フロマージュ」に行きました。
ここは白カビチーズなど、ソフトタイプのチーズが得意な工房です。
ブリーチーズで何度も日本のチーズコンクールで賞をとっています。

ただ、小さなチーズ工房でどこでも問題になっているのはホエーの処理。
ホエーはお菓子の原料や化粧品にも使われているのですが、使える状態に加工しないといけません。
雪印などの大手工場では処理できる機械を自前で持っていたり、業者に出したり出来るのですが、小さな工房では無理。

「十勝野フロマージュ」の代表の赤部さんは、パルミジャーノ・レッジャーノのホエーが豚に与えられ、パルマの生ハムになっているのを知り、
近くの養豚業者にお願いして、「豚にホエーを飲ませてホエー豚を作ろう!!」と思いつきました。
最初は、養豚業者も、「豚が病気になったらどうする!」って嫌がっていたそうですが、豚はブヒブヒ美味しそうにホエーを飲み、とっても健康になっていったそうです。
そりゃそうですよね。
リコッタチーズまるかじりみたいなもんですし、ホエー自体は乳酸発酵しているので、腸の調子もよくなります。
そんな経緯で生まれた『ホエー豚』
地元の生協では100g170円くらい。安いです♪
もちろん、ツアー参加者みんな、お土産に買って帰りました。
私は3パックも。
ほんのり脂身が甘いです~。

「十勝野フロマージュ」見学後、ジンギスカンを食べてから、無殺菌乳の牛乳を生産している「思いやりファーム」を訪問しました。
無殺菌乳は基本的に販売できないのですが、特別牛乳というカテゴリーで販売が一部認められています。
市販しているのは「思いやりファーム」くらい。
東京だと、伊勢丹新宿店などで購入できます。

無殺菌乳は、とてもさらさらしていて、匂いがありません。
とてもあっさりしています。
『濃厚な牛乳』をイメージしていると裏切られます。

・・・というのも、もともとの乳はさらさらで無臭。
高温で殺菌することによって、たんぱく質がこげて粘り気がでて、牛乳特有のあの匂いがでるのです。
だから、牛乳の匂いが嫌いで牛乳が好きでない子供はある意味、正しいというか、本能的に加工されたものを見抜いているんだと思います。
もちろん好き好きなので、市販の牛乳が好きな方、全然問題ありません。
でも、粘り気や匂いは高温殺菌することで生まれるものなんだ、、ということが、ここの牛乳を飲むとわかります。

「思いやりファーム」で無殺菌乳を飲み、無殺菌乳のソフトクリームを食べた後、池田町の十勝ワイン城を訪問。
ここは冬はマイナス20度にもなる中ブドウを育ててワインを造っています。
ブドウってすごい生命力ですね。
見学して試飲したあとは2時間バスで釧路まで移動。
いよいよ翌日は皆さんが楽しみにしている厚岸の牡蠣祭りです。

さて、その牡蠣祭り。
雄大な釧路湿原を見学した後、
会場となる公園へ直行し、炭火で牡蠣や魚介類のBBQを楽しみました。
桜も満開で、公園はピンクに包まれています。
東京と北海道、春を2回体験できて、なんだかとっても得した感じですね~。
厚岸名物の牡蠣やホタテ、つぶ貝はもちろんのこと、チーズ好きの私たちはチーズも持参。
ホタテの殻にチーズを乗っけてチーズを焼いて食べるのが激ウマでしたー。
牡蠣祭り終了後は厚岸で有名な森高牧場のソフトクリームを食べてまた、帯広へ。

最終日は帯広から車で一時間のところにある共働学舎でモッツァレラチーズ造りを体験。

CPA理事でもある宮嶋望さんの指導のもと、
レンネットを入れて凝固させ、カードカット、カードに熱湯をかけて練る作業をみんなで交代で体験。
これぞ、生きた勉強ですね!!
チェダリング中には熟成庫を見せもらい、ラクレットがたくさん並ぶ熟成庫に歓声をあげ、
モルジュ液を見つけて激写し、湿度90%もあるのに結露しない秘密を教えてもらって感心したり。
出来あがったモッツァレラはピザにして持ち込みワインとともにおいしく頂きました。

その後は近くのランランファームという山羊チーズ工房におじゃまして山羊の見学。
女王様山羊の「豊田さん」やいじめっこの「ふみえちゃん」など、
山羊の世界も人間と同じく、ガキ大将がいたり、いじめがある話を伺って、妙に親近感がわきました。

こうして北海道の自然と味覚を堪能した3日間。
次回、北海道チーズ&牡蠣祭りは来年の春か秋に行います。
次はぜひ一緒にいきましょう!

izumi kajita