2010年5月31日

ポケット問題番外編

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

今日(5月31日月曜日)からJSA講座の中間テストです。
中村先生の出している小テストも結構範囲として入ってきておりますので、今一度見直すように心がけてくださいね。
また、テイスティングが自信ない方などは日曜日に行っているテイスティング講座やフランス10大産地を補講替わりに受けるのもとっても参考になりますよ。
今回は100点満点で30点以下は強制補講がある場合もあります。

ご検討をお祈りしております。

和田
ken@pocket-salon.jp

2010年5月29日

ニューオータニでの試飲会

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

試飲会に行ってきました。
サンテミリオンの試飲会をホテルニューオータニで行っていました。
日本に未輸入のワインも有り、とても興味深いイベンでした。

特に素晴らしかったのは昨年収穫のワインを持ってきていただいた方がイラッしゃり、2009年のミレジムは素晴らしいものになりそうだと言うことをさらに実感しました。


IMG_0019.JPG

鰻のマレンマ風

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

こんにちは、6月のイタリアンはうなぎのマレンマ風と言う、あまり聞き慣れない名前の料理です。
ウナギは日本だけでなく、フランス、イタリアとともに食べられています。
仏 anguille アンギュイユ  伊 anguilla アングィーラ と言うのがフランス名、イタリア名です。
フランスでは大きな川のあるボルドーやロワールなどでの地元料理として有名ですが今ちい泥臭さが抜けないのが、この魚の特有の香りになります。
日本の場合は、その香りを共存するため蒲焼などが出来ていrますね。

img072_1.jpg

イタリアの料理でマレンマふうですが、マレンマとは沼地を意味します、有名なのがトスカーナのマレンマが有名だそうです。
この地方で取られたウナギをぶつ切りにして赤ワインと煮込む以外に簡単な料理ですが、日本のうなぎのさばき方がちが、背骨をとらないのでかなり濃厚な味と香りがつきます。
日本の方はあまり得意ではないような気がしますので、今回はどなたでも手にはいるように、ウナギにの白焼きを使うことにしました。
来週試作しますので、様子をアップします。

ご意見、参加の場合はこちらまでご連絡下さい。
E-Mail ken@pocket-salon.jp

株式会社 オフィスポケット
和田健二

ポケット問題No25

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。
JSA講座を担当しております、中村友美です。
今週は、ワイン以外の飲料です。昨年度の出題率は4問でした。

いよいよ出題範囲が発表になりました!
また、受験票も届いているようですね。
今年は、昨年度までと大きく違い、呼称ごとに出題国・出題範囲が違います。
添付いたしますので、ご確認ください。
教えるほうとしましても・・・厳しいですね。
もちろんソムリエはサービス・料理が中心ですし、
アドバイザーはワインの国ごとの知識が重要です。
エキスパートは愛好家としての知識ですので、今年は範囲が一番少ないようです。
添付が見れない方はご連絡ください。

来週から前半テストになります。
小テストの見直しをはじめてくださいね!
試験内容は実際よりもちょっと難しくしてありますので、
まずは半分取れるようにがんばってください。

明日の5月29日(土)19時~のイタリアワイン会は、まだご予約できます!!
イタリアワインも毎年必ず、出題されます。
2次試験にもでますよ!
この機会にぜひ、料理とワインを飲んで、食べて、楽しみながら覚えましょうね。
イタリアワイン1本と会費3,500円です!!


6月にはワインのためのフランス語講座を開催します!
ワイン産地や品種、醸造用語など、どうしてもフランス語がわからない、
ラベルを少しでも読めるようになりたい方。また、用語の復習もできますよ!
フランス語の館野由紀先生がやさしく教えてくれますよ。
6月 9日(水曜日)19:00~20:30 6月10日(木曜日)15:00~16:30
6月12日(土曜日)18:30~20:00
受講料:2100円(税込)
最低開催人数 3名
支払方法 :当日現金持ち込み
上記の日程で開催いたしますので、ぜひご予約の上いらっしゃってくださいね!

問題24
次の中からAOCBandol Rougeの最低熟製期間と主要品種を選んでください。

①最低熟成期間
1、6ヶ月
2、12ヶ月
3、18ヶ月→正解です!
4、24ヶ月

②主要品種
1、Syrah
2,Grenache
3,Carignan
4,Mourvédre→正解です!
プロヴァンスで評価の高いロゼ・赤といえばBandolです!出題率も高いですので、しっかり覚えましょう!

問題25
①次のVDNおよびVDLの記述の中から正しいものを1つ選んでください

1、VDNは、未発酵のぶどう果汁にアルコールを添加し、発酵を停止させる。
2、VDLは葡萄の発酵中にアルコールを添加し、発酵を停止させる。
3、Muscat de Baumes de Venise Rasteau Muscat de Lunelはルーション地方のVDLである。
4 ルーションのAOCBanyulsはRrBを生産しており、Grand Cruは30ヶ月の熟成義務がある。

②次のフランス地方料理に関する記述の中から正しいものを1つ選んでください。

1、Lamproie â la Bordelaise とは森鳩の煮込みでMâcon と相性が良いとされる。
2、Marelote d'Anguilleとはロワールの郷土料理のうなぎの赤ワイン煮でChinon Rougeとの相性が良いとされる。
3、CassuletとはChampagne地方の地方料理でChamagne全てのワインとの相性が良い。
4、BouillabeseはAlsaceの地方料理で、Gewurztraminerとの相性が良い。

それでは!!来週のテストがんばりましょう!!!


--
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ポケットワインサロン
東京都渋谷区恵比寿西1-30-14-201
03-5457-2295
ワイン講座担当
中村友美
tomoppen@pocket-salon.jp

2010年5月27日

イタリアの食材

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

イタリアでは日本と同じように、よく魚を食べます。
特に人気なのはスズキ鱸(仏bar バール  伊spigola スピゴラ)です。この魚はこれからが旬で6月から8月がとても美味しくなり、焼いても、煮ても独特の香りがあり重宝します。特にお刺身などや鱸の洗いなどが日本では有名ですね。suzuki.jpg
成長とともに名前の変わる出世魚で、30cm以下をセイゴ、30cmから60cmをフッコ、60cm以上をスズキといいます。 大きくなると1mを越します。フッコの時までは大きな河川の喫水域より上に住み、成魚のスズキになると、 喫水域の近くの海に住みます。秋から冬にかけて産卵します。
今月のイタリアンでは鱸をfrittura フリットゥーラフランスではポワレ(フライパンで火を通すこと)をし、バルサミコとスーゴ・デ・カルネ(フォン・ド・ヴォー)でソースを作ります。
是非一度試してみて下さい。

ポケット問題No24

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。

JSA講座を担当しております、中村友美です。

今週は、ワイン以外の飲料です。昨年度の出題率は4問で、

日本の酒といえばの日本酒の問題が2問、ビールの種類が1問でした。

ワインの問題がメインですので、難しく考えなくても大丈夫ですよ!


来週から前半テストになります。

小テストの見直しをはじめてくださいね!

試験内容は実際よりもちょっと難しくしてありますので、

まずは半分取れるようにがんばってください。


5月29日(土)19時~のイタリアワイン会は、まだご予約できます!!

イタリアワインも毎年必ず、出題されます。

2次試験にもでますよ!

この機会にぜひ、料理とワインを飲んで、食べて、楽しみながら覚えましょうね。

イタリアワイン1本と会費3,500円です!!


6月にはワインのためのフランス語講座を開催します!
ワイン産地や品種、醸造用語など、どうしてもフランス語がわからない、
ラベルを少しでも読めるようになりたい方。また、用語の復習もできますよ!
フランス語の館野由紀先生がやさしく教えてくれますよ。
6月 9日(水曜日)19:00~20:30 6月10日(木曜日)15:00~16:30
6月12日(土曜日)18:30~20:00
受講料:2100円(税込)

最低開催人数 3名

支払方法 :当日現金持ち込み

上記の日程で開催いたしますので、ぜひご予約の上いらっしゃってくださいね!

問題23
次のコート・デュ・ローヌ地方のAOCに関する記述の中から正しいものを1つ選んでください。
1、AOC Châteauneuf du Papeは赤・白・ロゼの生産が認められている。→赤・白
2、AOC Gigondasは赤・ロゼの生産が認められている。→正解です!!
3、AOC Tavelは白とロゼの生産が認められている。→ロゼ
4、AOC Hermitageは赤・白・黄ワインの生産が認められている。→黄ワインはジュラのみ!!で藁ワインです。


問題24
次の中からAOCBandol Rougeの最低熟製期間と主要品種を選んでください。


①最低熟成期間
1、6ヶ月
2、12ヶ月
3、18ヶ月
4、24ヶ月


②主要品種
1、Syrah
2,Grenache
3,Carignan
4,Mourvédre

2010年5月26日

ワインアドバイザー全国選手権

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

チーズ講座を担当している梶田泉です。
現在、チーズプロフェッショナル(CPA)講座、チーズ初級、チーズ中級講座、チーズ1DAY、チーズ体験、チーズとワインの相性講座などなど、
チーズ講座全般を担当しております。

そんな私ですが、ワインアドバイザー全国選手権の本選にでることになりました。

実は先日のシニアワインアドバイザー合格に気をよくして、
ソムリエ協会主催のワインアドバイザー全国選手権の予選も受けてみたのですが、
なんと、予選通過13名に入ることができたんです!
http://www.sommelier.jp/honbu/article/101339/

準決勝、決勝は10月14日(木)に北海道で行われます。
CPAチーズ二次試験の10日後ですね。
ですので私もJSAやCPA講座の皆さんと一緒に、いち受験生として10月までがんばりたいと思います。
もちろん講座はぬかりなくビシビシと、CPA講座のみなさん全員が合格できるようにがんばりますのでご安心を。

チーズの先生なのになんでワイン??と思われる方もいらっしゃると思いますが
チーズとワインはともに土地の影響を強くうける農産物。
ワインという切り口でその土地のことを知ることはより深く土地の特徴や食文化を知ることができて、
チーズの勉強にも役に立っています。
でも、私がチーズだけでなくてワインも大好きっていうのが一番の理由ですけどね♪
(ちなみに日本酒も好きです♪)

それから、実は私、ポケットワインサロン1年目(1999年春)はJSA講座を担当しておりました。
その後、1999年秋からチーズ講座を立ち上げてチーズ畑をがんがん歩いてきましたが、やはり切っても切れぬチーズとワインの関係。
両方知ると、食卓が2倍、楽しいですよ!
(ワイン講座受講の方、チーズ講座にもぜひいらしてくださいね!!)

ただ、試験勉強はなかなかシビアで大変ではあります。
でも、結果も大事だけど、取り組んだっていう経験も大切で、
こういう機会がないと勉強しない性分だから、
よい機会だと思って、時間を見つけて、がんばりまーす!
izumi kajita

2010年5月25日

ポケット問題No23

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。

JSA講座を担当しております、中村友美です。

今日も雨になりましたね。梅雨に近づいているのでしょうか?


来週から前半テストになります。

小テストの見直しをはじめてくださいね!

試験内容は実際よりもちょっと難しくしてありますので、

まずは半分取れるようにがんばってください。

6月にはワインのためのフランス語講座を開催します!
ワイン産地や品種、醸造用語など、どうしてもフランス語がわからない、
ラベルを少しでも読めるようになりたい方。また、用語の復習もできますよ!
フランス語の館野由紀先生がやさしく教えてくれますよ。
6月 9日(水曜日)19:00~20:30 6月10日(木曜日)15:00~16:30
6月12日(土曜日)18:30~20:00
受講料:2100円(税込)

最低開催人数 3名

支払方法 :当日現金持ち込み

上記の日程で開催いたしますので、ぜひご予約の上いらっしゃってくださいね!

問題22
次のJura地方のVin de Pailleの製法について以下の選択肢から選んでください。
Savagnin, Chardonnay, (①)、(②)等を収穫後、ブドウの糖度を上げるために、藁やすのこの上で、または天井に吊して乾燥させる(③)。大変甘いワインになり、
主としてデザート類とともに供される。出来上がったワインは(④)
(またはDemi(ドゥミ) Clavelin(クラヴラン))と呼ばれる(⑤)ml入りの瓶に詰められる。
良年のみエルミタージュでも若干生産される。
黄ワイン・藁ワインはしっかり復習してくださいね!!
1、Trousseau, →①、②
2、Gros Noirien→シノニム重要! Pinot Noir
3、Poulsard→①、②
4、Passerillage→③
5、 Fleure du Vin
6、Pots→④
7、375
8、620→⑤


問題23
次のコート・デュ・ローヌ地方のAOCに関する記述の中から正しいものを1つ選んでください。
1、AOC Châteauneuf du Papeは赤・白・ロゼの生産が認められている。
2、AOC Gigondasは赤・ロゼの生産が認められている。
3、AOC Tavelは白とロゼの生産が認められている。
4、AOC Hermitageは赤・白・黄ワインの生産が認められている。

2010年5月20日

イタリア教室のイタリアスーペリオーレ5月 2の メニュー

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

今週のイタリアンはとArancini(アランチーニ)とSpigola al saute Salsa di Balsamico鱸のソティーバルサミコソースです。
10.05.02italia004.jpg
スズキは今からが旬の魚です。イタリアではSpigolaと呼び、よく食べる魚の種類です。
トマトをオーブンで焼きアクくセントをつけた料理でビストロでもこれから出す予定です。

アランチーニとは、、、小さなオレンジという意味だって。
リゾットで作ったコロッケは、形がオレンジみたいってことでアランチーニ イタリアらしいですよね、

こちら、アランチーニはシチリアのお料理。バール等で気軽に食べる事ができます。
しかし、何と言っても「揚げたて」が最高です。
それなりに手間がかかるので最近はイタリアでも家庭ではあまり作られていないそうです。
10.05.02italia019.jpg

アランチーニは6月からのグランドメニューに乗りますので是非ご賞味下さい。

和田

新しいワインが入荷しました。

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

カリフォルニアワインの新しい仲間が増えました。
スペシャルワインを是非ご賞味下さい。
メニューを載せております。なくなり次第終了になります。
白ワインでは、特にメリー・エドワードソーヴィニヨン・ブランは非常に美味しいですよ。小樽発酵で複雑性があり、シッカリとした樽熟成も行っているので、なかなかののみごたえです。
また、ニコルスのシャルドネも1998年のワインは黄金色に熟成し、ちょっとナッツのような熟成した香りが強くワインだけを飲んでも上品な香りです。

赤ワインのオススメはシルヴァー・ライニング メルロ 2003 1200円 9000円と少しポケットとしてはお高めですが、とってもバランスが良く美味しいワインです。
このワインは、カルトワインのセカンドのようなものですよ。

是非、一度ご賞味下さい。

スペシャルワインリスト
白ワイン
クライン ヴィオニエ 2008 800円 5000円
CaliforniaCLINE Viognier 2008
ホーク クレスト シャルドネ2007 800円 5000円
Monterey County HAWK CREST  Chardonnay 2007
ヴィラ・マウント・エディン シャルドネ2006 800円 5000円
Santa Maria Valley Bien Nacido Vineyado VILLA MT EDEN Chardonnay 2006
トレッフェッセン ドライリースリング 2007  800円 6000円
Napa Valley Oak Knoll District TREFETHEN DryRiesring 2007
スミス・マドローン シャルドネ 2007 800円 6000円
Napa Valley Spring Montain District SMITH-MADORONE Chardonnay
メリー・エドワード ソーヴィニヨン・ブラン 2008 1600円 10.000円
Russian River Valley MERRY EDWARD Sauvignon Blanc 2008
ニコルス シャルドネ サンタ・バーバラ 1998 1600円 10.000円
Santa Barbara County NICHOLS Chardonay 1998
赤ワイン
< カリフォルニア >
グラス    ボトル
リーピング・リザード メルロ 2006 800円 5000円
Napa Valley LEAPING LIZARD Merlot 2006
ヴィラ・マウント・エディン ジンファンデル グラン・リゼルヴァ 2007 800円 6000円
Amador County VILLA MT EDEN Zinfandel Grand Reserve
シルヴァー・ライニング メルロ 2003 1200円 9000円
Napa Valley Estate Red Wine Merlot 2003
スタックス・リープ・ワインセラーズ・カスク23 1800円 10000円
Napa Valley STAG'S LEAP WINE CELLARS 23 2003

ポケット問題No22

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。
JSA講座を担当しております、中村友美です。
今日も雨になりましたね。梅雨に近づいているのでしょうか?

本日はスペイン・カスティーリャ・レオン州のワインの試飲会がありまして、、
スペイン大使館に行ってきました!
スペインでは有名産地でもあり、品質のよいスペイン土着品種テンプラ・リーニョの産地です。
この辺では、この品種をティント・フィノと呼んでいます!
スペインのほかの産地よりと違い、バッリクの新樽の香りとコク・ボリュームがある高級ワイン産地です。
最高級のイベリコ・ベジョータとの相性もいいですよね!!

早いもので、今週でフランスが終了です。
前半のテストが2週間後になります。
小テストだけでもかまいませんので、
見直しをしてくださいね。

今週お渡ししている小テストは2ページあります。
こちらの手違いで1枚しか渡っていない方、至急送付しますので、ご連絡ください。
大変申し訳ございません。

6月にはワインのためのフランス語講座を開催します!
ワイン産地や品種、醸造用語など、どうしてもフランス語がわからない、
ラベルを少しでも読めるようになりたい方。また、用語の復習もできますよ!
フランス語の館野由紀先生がやさしく教えてくれますよ。
6月 9日(水曜日)19:00~20:30 6月10日(木曜日)15:00~16:30
6月12日(土曜日)18:30~20:00
受講料:2100円(税込)
最低開催人数 3名
支払方法 :当日現金持ち込み
上記の日程で開催いたしますので、ぜひご予約の上いらっしゃってくださいね!


今週は、コート・デュ・ローヌ、プロヴァンス・コルス、ラングドック・ルシオン地方とフランス料理です。
南フランスのコストパフォーマンスがいい初夏のバーベキューにちょうどいいワインから、
高級ワインまで、アペラシオンの数もたくさんです。主要なAOCはしっかりチェックしましょうね!

☆☆☆第2回JSA懇親会のお知らせ☆☆☆☆

次回は5月29日(土)19時からは
イタリアワイン会です!イタリアもフランスと同じ名譲国
さらに、品種はDOCGごと(フランスのAOCと同じです)違うんですよね。
でも、フランスよりもリーズナブルで楽しめちゃいます!
お気に入りの1本を見つけにぜひいらっしゃってくださいね。
会費3,500円イタリアワイン1本お持ちください。
ご連絡お待ちしております。ご予約受付中です!!
試験は8月ですので、長い気持ちを持って覚えましょうね!

★ ポケットワインサロンからのお知らせです★

また、講座の予習・復習をかねてという方には、


5月27日(木)19時~
フランス名譲ワイン産地は「ロワール・ジュラ・サヴォワ」のワイン産地になります。
ティスティングは5種類と産地特有の品種のワインなどが味わえます。
ちょっとしたおつまみつきです。

6月1日(火)19時~
品種による産地の違いでは「ソーヴィニヨン・ブラン」特集です!ティスティングは5種類です。
夏にうれしい爽やかで、すっきりとした味わいですが、各国での違いも楽しめますよ。

問い21
次のJura地方のVin Jauneの製法について、以下の選択肢から選んでください。
完熟した(①1、Naturé)を使用。それを、白ワインとして醸造。木製の樽につめる。
熟成は、最低(②4、6年)年間樽貯蔵し、その間(③5、Ouillage)やSoutirageしてはならない。
ワインの表面に産膜酵母Fleure du Vinができる。
Clavelinとよばれる(④8、62)cℓの瓶につめられる。

1、Naturé=Savagnin→シノニム重要!
2、Chardonnay
3、3年
4、6年
5、Ouillage→目減り分補充 Soutirageは澱引き
6、375
7、620→mℓでしたらこちら
8、62

問題22
次のJura地方のVin de Pailleの製法について以下の選択肢から選んでください。
Savagnin, Chardonnay, (①)、(②)等を収穫後、ブドウの糖度を上げるために、藁やすのこの上で、または天井に吊して乾燥させる(③)。大変甘いワインになり、
主としてデザート類とともに供される。出来上がったワインは(④)
(またはDemi(ドゥミ) Clavelin(クラヴラン))と呼ばれる(⑤)ml入りの瓶に詰められる。
良年のみエルミタージュでも若干生産される。

1、Trousseau,
2、Gros Noirien
3、Poulsard
4、Passerillage
5、 Fleure du Vin
6、Pots
7、375
8、620

ポケット問題No21

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。
JSA講座を担当しております、中村友美です。
今日は雨になりましたね。梅雨に近づいているのでしょうか?
早いもので、今週でフランスが終了です。
前半のテストが2週間後になります。
小テストだけでもかまいませんので、
見直しをしてくださいね。

6月にはワインのためのフランス語講座を開催します!
ワイン産地や品種、醸造用語など、どうしてもフランス語がわからない、
ラベルを少しでも読めるようになりたい方。また、用語の復習もできますよ!
フランス語の館野由紀先生がやさしく教えてくれますよ。
6月 9日(水曜日)19:00~20:30 6月10日(木曜日)15:00~16:30
6月12日(土曜日)18:30~20:00
受講料:2100円(税込)
最低開催人数 3名
支払方法 :当日現金持ち込み
上記の日程で開催いたしますので、ぜひご予約の上いらっしゃってくださいね!


今週は、コート・デュ・ローヌ、プロヴァンス・コルス、ラングドック・ルシオン地方とフランス料理です。
南フランスのコストパフォーマンスがいい初夏のバーベキューにちょうどいいワインから、
高級ワインまで、アペラシオンの数もたくさんです。主要なAOCはしっかりチェックしましょうね!

☆☆☆第2回JSA懇親会のお知らせ☆☆☆☆

次回は5月29日(土)19時からは
イタリアワイン会です!イタリアもフランスと同じ名譲国
さらに、品種はDOCGごと(フランスのAOCと同じです)違うんですよね。
でも、フランスよりもリーズナブルで楽しめちゃいます!
お気に入りの1本を見つけにぜひいらっしゃってくださいね。
会費3,500円イタリアワイン1本お持ちください。
ご連絡お待ちしております。ご予約受付中です!!
試験は8月ですので、長い気持ちを持って覚えましょうね!

★ ポケットワインサロンからのお知らせです★

また、講座の予習・復習をかねてという方には、


5月27日(木)19時~
フランス名譲ワイン産地は「ロワール・ジュラ・サヴォワ」のワイン産地になります。
ティスティングは5種類と産地特有の品種のワインなどが味わえます。
ちょっとしたおつまみつきです。

6月1日(火)19時~
品種による産地の違いでは「ソーヴィニヨン・ブラン」特集です!ティスティングは5種類です。
夏にうれしい爽やかで、すっきりとした味わいですが、各国での違いも楽しめますよ。

問題20
次のLoire地方のAOCの中から白の辛口~甘口までPétilliant、Moueesuxの生産可能なAOCを選んでください。
1、Vouvray→正解です!!
2、Pouilly sur Loire→シャスラ主体 白
3、Burgueil→赤ロゼ カベルネ・フラン主体
4、Chinon→赤・白・ロゼ シュナン・ブラン、カベルネフラン

問い21
次のJura地方のVin Jauneの製法について、以下の選択肢から選んでください。
完熟した(①)を使用。それを、白ワインとして醸造。木製の樽につめる。
熟成は、最低(②)年間樽貯蔵し、その間(③)やSoutirageしてはならない。
ワインの表面に産膜酵母Fleure du Vingができる。
Clavelinとよばれる(④)cℓの瓶につめられる。

1、Naturé
2、Chardonnay
3、3年
4、6年
5、Ouillage
6、375
7、620
8、62

2010年5月19日

CPA講座の懇親会@キャーヴ・ド・ひらまつ

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

チーズ講座担当の梶田泉です。

昨日、5月18日にCPA講座の懇親会をキャーヴ・ド・ひらまつで開催しました。

総勢16名の方が参加。
受講生のSさんがこちらのお店で働いている関係で、
4月の教室での懇親会のときに「みんなで行ってみよう!」となった企画です。

用意していただいて4階のサロンは天井がオープンにできる開放的なスペース。
とても素敵でした。
お料理はどれもとてもおいしく、さすが「ひらまつ」。
ボリュームもちょうどよくて、とても楽しめました。
メインの羊に、ラ・ダム・ド・モンローズを選んでくれたサービスのSさん、さすがのセレクトでしたよ!

席が移動できないので、なかなか全員で会話はできませんでしたが、
楽しい時間を過ごせました。

この勢いで、チーズの勉強もがんばりましょうね!!
幹事のMさん、おつかれさま。
参加できなかったけどワイン差し入れをしてくださったNさん、美味しくいただきました♪

レストラン懇親会、また企画しますね。

そして教室での会は6月27日(日)夜です。
こちらは勉強になって楽しい内容で企画中。
ぜひ予定しておいてくださいませ。

izumi kajita

ポケット問題No20

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。
JSA講座を担当しております、中村友美です。
だいぶポカポカ陽気になってきましたね。
早いもので、今週でフランスが終了です。
前半のテストが2週間後になります。
小テストだけでもかまいませんので、
見直しをしてくださいね。

6月にはワインのためのフランス語講座を開催します!
ワイン産地や品種、醸造用語など、どうしてもフランス語がわからない、
ラベルを少しでも読めるようになりたい方。また、用語の復習もできますよ!
フランス語の館野由紀先生がやさしく教えてくれますよ。
6月 9日(水曜日)19:00~20:30 6月10日(木曜日)15:00~16:30
6月12日(土曜日)18:30~20:00
受講料:2100円(税込)
最低開催人数 3名
支払方法 :当日現金持ち込み
上記の日程で開催いたしますので、ぜひご予約の上いらっしゃってくださいね!


今週は、コート・デュ・ローヌ、プロヴァンス・コルス、ラングドック・ルシオン地方とフランス料理です。
南フランスのコストパフォーマンスがいい初夏のバーベキューにちょうどいいワインから、
高級ワインまで、アペラシオンの数もたくさんです。主要なAOCはしっかりチェックしましょうね!

☆☆☆第2回JSA懇親会のお知らせ☆☆☆☆

次回は5月29日(土)19時からは
イタリアワイン会です!イタリアもフランスと同じ名譲国
さらに、品種はDOCGごと(フランスのAOCと同じです)違うんですよね。
でも、フランスよりもリーズナブルで楽しめちゃいます!
お気に入りの1本を見つけにぜひいらっしゃってくださいね。
会費3,500円イタリアワイン1本お持ちください。
ご連絡お待ちしております。ご予約受付中です!!
試験は8月ですので、長い気持ちを持って覚えましょうね!

★ ポケットワインサロンからのお知らせです★

また、講座の予習・復習をかねてという方には、


5月27日(木)19時~
フランス名譲ワイン産地は「ロワール・ジュラ・サヴォワ」のワイン産地になります。
ティスティングは5種類と産地特有の品種のワインなどが味わえます。
ちょっとしたおつまみつきです。

6月1日(火)19時~
品種による産地の違いでは「ソーヴィニヨン・ブラン」特集です!ティスティングは5種類です。
夏にうれしい爽やかで、すっきりとした味わいですが、各国での違いも楽しめますよ。

問題19
次のLoire地方のAOCの中から、赤・白・ロゼを生産しているものを1つ選んでください。
1、Rosé d'Anjou→r半甘口 Grolleau
2、Ouarts de Chaume→B(貴腐または過熟による甘口)Chenin Blanc
3、Puilly Fumé→B Sauvignon Blanc
4、Sancerre→正解です!!
Sancerreは白は Sauvignon Blanc RrはPinot Noirです!

問題20
次のLoire地方のAOCの中から白の辛口~甘口までPétilliant、Moueesuxの生産可能なAOCを選んでください。
1、Vouvray
2、Pouilly sur Loire
3、Bpurgueil
4、Chinon

2010年5月18日

ポケット問題No19

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。
JSA講座を担当しております、中村友美です。
だいぶポカポカ陽気になってきましたね。
早いもので、今週でフランスが終了です。
前半のテストが2週間後になります。
小テストだけでもかまいませんので、
見直しをしてくださいね。

6月にはワインのためのフランス語講座を開催します!
ワイン産地や品種、醸造用語など、どうしてもフランス語がわからない、
ラベルを少しでも読めるようになりたい方。また、用語の復習もできますよ!
フランス語の館野由紀先生がやさしく教えてくれますよ。
6月 9日(水曜日)19:00~20:30 6月10日(木曜日)15:00~16:30
6月12日(土曜日)18:30~20:00
受講料:2100円(税込)
最低開催人数 3名
支払方法 :当日現金持ち込み
上記の日程で開催いたしますので、ぜひご予約の上いらっしゃってくださいね!


今週は、コート・デュ・ローヌ、プロヴァンス・コルス、ラングドック・ルシオン地方とフランス料理です。
南フランスのコストパフォーマンスがいい初夏のバーベキューにちょうどいいワインから、
高級ワインまで、アペラシオンの数もたくさんです。主要なAOCはしっかりチェックしましょうね!

☆☆☆第2回JSA懇親会のお知らせ☆☆☆☆

次回は5月29日(土)19時からは
イタリアワイン会です!イタリアもフランスと同じ名譲国
さらに、品種はDOCGごと(フランスのAOCと同じです)違うんですよね。
でも、フランスよりもリーズナブルで楽しめちゃいます!
お気に入りの1本を見つけにぜひいらっしゃってくださいね。
会費3,500円イタリアワイン1本お持ちください。
ご連絡お待ちしております。ご予約受付中です!!
試験は8月ですので、長い気持ちを持って覚えましょうね!

★ ポケットワインサロンからのお知らせです★

また、講座の予習・復習をかねてという方には、


5月27日(木)19時~
フランス名譲ワイン産地は「ロワール・ジュラ・サヴォワ」のワイン産地になります。
ティスティングは5種類と産地特有の品種のワインなどが味わえます。
ちょっとしたおつまみつきです。

6月1日(火)19時~
品種による産地の違いでは「ソーヴィニヨン・ブラン」特集です!ティスティングは5種類です。
夏にうれしい爽やかで、すっきりとした味わいですが、各国での違いも楽しめますよ。

問題18
次の中からAOC Alsace Grand Cruのリューディー(小地区)の2008年現在の数を選んでください。
1、41
2、51→正解です!
3、61
4、71

問題19
次のLoire地方のAOCの中から、赤・白・ロゼを生産しているものを1つ選んでください。
1、Rosé d'Anjou
2、Ouarts de Chaume
3、Puilly Fumé
4、Sancerre

2010年5月17日

11月07日ぺサックレオニャン~グラーブ~ソーテルヌシャトー巡り

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

ポケット問題18

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

2010年JSA受講生の皆様こんにちは。

JSA講座を担当しております、中村友美です。

5月14日は、ちょっと肌寒かったですね。

明日、19時~ポケットワインサロンでの月1回のお食事つきのワインセミナーを開催します。

グランマリアージュ「ボルドー地方のワインと料理」になります。

ボルドー地方の地理を踏まえて、

ボルドーワインティスティングは3種類そして、ボルドーワインに合うチーズ3種類と、

ボルドーの地方料理を実際にマリアージュします!!

講座の復習に、実際の地方料理と講師は全員で参加しておりますので、

ぜひいらっしゃってください。まだ、お席ございます!!

今週は、ロワール・ジュラ、サヴォワ地方です。

フランスの古城があり、「ジャルダン・ド・フランス」フランスの庭とも言われる産地と

山の産地で特殊な、ヴァン・ジョーンヌがあるジュラそして、サヴォワになります。

ティスティングはロワール地方を中心にしていただきますね。

早いもので、8回目!!

11回目は前半のテストですので、ちょっとづつ小テストの復習をしてみてください。


☆☆☆第2回JSA懇親会のお知らせ☆☆☆☆


次回は5月29日(土)19時からは

イタリアワイン会です!イタリアもフランスと同じ名譲国

さらに、品種はDOCGごと(フランスのAOCと同じです)違うんですよね。

でも、フランスよりもリーズナブルで楽しめちゃいます!

お気に入りの1本を見つけにぜひいらっしゃってくださいね。

会費3,500円イタリアワイン1本お持ちください。

ご連絡お待ちしております。ご予約受付中です!!

試験は8月ですので、長い気持ちを持って覚えましょうね!

★ ポケットワインサロンからのお知らせです★


また、講座の予習・復習をかねてという方には、


5月16日(日)18時~

フランス北品種のティスティング講座を開催いたします。

今回は白品種5種類です!

世界の基本品種を中心にまた、ワイン以外の酸(リンゴ・酒石・乳酸)

のサンプルも使ってのティスティング中心の講座になります。


5月27日(木)19時~

フランス名譲ワイン産地は「ロワール・ジュラ・サヴォワ」のワイン産地になります。

ティスティングは5種類と産地特有の品種のワインなどが味わえます。

ちょっとしたおつまみつきです。


問題16解答

次のChampagne地方の醸造の圧搾でTéte de Cuvéeにおける4,000kgのぶどうから得られる搾汁量に

該当するものを1つ選んでください。

1、2,050ℓ→正解です!

2、2,550ℓ→4000kg~合計でしたね!

3、2,660ℓ

4、2,770ℓ


問題17

次の中からAOC Alsace Grand Cruに認められていないブドウ品種を1つ選んでください。

1、Pinot Blanc→正解です!白ぶどう生産量は1位でしたね。

2、Riesling→白ぶどう生産量2位

3、Gewürztraminer→白ぶどう生産量3位

4、Muscat


問題18

次の中からAOC Alsace Grand Cruのリューディー(小地区)の2008年現在の数を選んでください。

1、41
2、51
3、61
4、71

2010年5月10日

宮崎の水牛たち

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

チーズ講座担当の梶田泉です。
先月から宮崎県の牛の口蹄疫がニュースになっているので耳にされた方と多いと思います。

じつは、宮崎で水牛を飼育して、本場さながらのモッツァレラチーズ作りをしている工房があります。
(ホントのモッツァレラは水牛製なのですよ)
http://www.caseificio.jp/index.html
2008年から始めたばかりで、昨年いただいたときにはなかなかおいしいチーズでした。

モッツァレラチーズは鮮度が一番なので、日本でおいしいものができれば素晴らしいなーーと期待していたのですが。

なんと・・・・
工房の水牛達が口蹄疫に感染して、子牛を含む、全ての水牛を家畜伝染病予防法に基づいて殺処分しなければいけないことになったそうです。

水牛がいなくなったらチーズ作りはできません。
残念です。
再開されるときには応援したいと思います。
ひとつひとつのチーズのどれにも必ず、その背景には乳を出してくれる動物がいて、それを製品にする人の営みがあることを改めて感じます。

izumi kajita

2010年5月 9日

11月06日ぺサックレオニャン~グラーブ~ソーテルヌシャトー巡り

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

10:00 Ch. YQUEM 訪問 ( ソーテルヌ村特級)
初めてのソーテルヌ。広大な黄色に紅葉したぶどう畑の小高い丘の上にその15世紀のファサードを持つシャトーは静かに佇んでいた。標識も名前もないため、なかなかたどりつけず本当にここかと思わせるぐらいひっそりとしていた。案内の女性も物腰柔らかい聡明な雰囲気で、その名声と華やかさとは違った、このシャトーの真面目な素晴らしいワイン造りを体験することとなった。ワインにするぶどうの貴腐状態に関しては、今までの経験からの予想とも大きく異なり、ほとんどレーズンに近い状態のものを2か月程度の期間で6回少しづつ、貴腐状態に達したものだけを摘み取るとのこと。醸造所・カーブ・テースティングルームはもちろんクリーンだが非常に質素。従来のイケムのイメージを一新。2006年の新しいイケムは本当に若々しく豊潤で、その甘さは口に含むにつれ、最高級の蜂蜜の味がじわっとく喉の奥に広がってくるという感じで、今まで体験したことのない素晴らしいテースティングであった。今回の訪問の中でも満足感は最上級!09.11.04ixy139.jpg
09.11.04127.jpg
09.11.04134.jpg

09.11.04136.jpg

12:30 Ch. LA GARDE 訪問 (ペサック・レオニャン地区)
前回の訪問時からさらにCVBGの資本と新しい若い醸造長の手で、ブドウの木も土壌に合うものに植えかえられつつあり、この十年ですべて切り替えられたとのことで、今後の新しいワインが楽しみ。ラ・ギャルドも前回に比べると格段においしさが増しているように感じられた。小樽発酵の白も面白い。
09.11.04172.jpg

09.11.04167.jpg

09.11.04166.jpg


13:45 Restaurant Le Pistou にて軽い昼食
中村565.jpg
中村567.jpg

11月05日オーメドック、Ch.メイール

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

9:30 Ch. BELGRAVE 訪問(オーメドック5級 サンローラン村)

09.11.04002.jpg
到着の頃には快晴。CVBGの研修生ルカさんが待っていてくれ、醸造長の方から現在CVBG所有に変わり、品質が格段に良化しているとの話をうかがう。コンサルタントはミッシェルローランを使っているが、サンジュリアン村に隣接する土壌で良いぶどう造りをすれば、特別の新しい技術は必要ないとの考え。セカンドワインのディアンヌも含め質的にはかなりのレベルであった。
09.11.04003.jpg

09.11.04015.jpg

11:00 Ch. LE BOSQ 訪問 (CVBG保有シャトー・サンテステフ)
サンテステフのジロンド河を望む地域にあるCVBG所有のシャトー。ベルグラーブ同様、品質良化に努めている若い醸造長の熱意は感じられたが、質的には今一歩か。

09.11.04040.jpg

12:20 ポーイヤック 魚介レストラン La Salamandre にて簡単に昼食
案内役のルカさんも一緒にランチ。ワインは魚介類に合わせたボルドーロゼ。
    赤ワインのテースティングに食傷気味だっただけに美味しい取合せ。また同時  
    にシャトー・メールのフランスでの最高責任者となったゴーダン氏とランチオンミーティング。マダムコリンボン後のCMGの体制、顧客への対応、今回のオプティマの滓の問題につき意見交換を行い、先方オーナーとも話し検討するとのこと。

09.11.04ixy042.jpg
09.11.04ixy044.jpg

14:00 Ch. COS D'ESTOURNEL (サンテステフ2級)訪問
09.11.04ixy047.jpg
西アジア風の外観・館内の雰囲気が特徴的なコスを観光的に訪問。日本人にもいそうな年配のご婦人から詳しい格調の高い説明を受ける。醸造施設は最新鋭。今回目立った宇宙船型の醸造槽、垂直式の圧搾機、美しいカーブなどなど、目を見張るものがあった。さらに、コスのテースティング。素晴しく豊潤な味わいは見事
09.11.04ixy058.jpg

09.11.04ixy068.jpg

16:00 Ch LAMOTHE BERGERON  
数年前にcalyonbankが買収。その後今年春に自分も含め、コニャック資本数社が共同でこのシャトーを購入することになり、同氏としては今年が初めてのラモットベルジュロンのワインを造ることになった。現在シャトーアンジェルスにコンサルタントをお願いしており、新しい技術のコールドマセラシオン・ミクロオクシネジェシオンなど導入し、より若々しく豊潤なワイン造りを目指してゆきたいとのこと。
   今後従来のラモットベルジュロンとは違ったワインに変化するものと思われ、早急な取引拡大は要慎重検討。

09.11.04ixy087.jpg

18:00 ボルドー旧市街へ~散策~夕食に出発

雨の中全員でボルドー市内へ。広瀬さんは希望でそのままボルドーのホテルノ ルマンディーで宿泊。中央公園そばの駐車場に留め、レストランへはボルドーの新しいトラムに乗りすっかり観光客気分。09.11.04ixy096.jpg

20:00 ボルドー旧市街 郷土料理レストランでの食事

旧市街の路地裏の有名レストラン。地元の食材を使ったグリル料理。カスレ、
うなぎのワイン煮、レンズ豆サラダなど地元の伝統料理と、鳥・豚・鴨・牛のグリル。その中でも牛肉の網焼きとシャトー・シトランのマリアー儒は最高の味わい。
雰囲気もカジュアルでアットホームな素敵なレストランで一同大満足。
09.11.04ixy105.jpg
09.11.04ixy104.jpg

2010年5月 8日

11月07日ボルドーよりTGVにてパリCDGⅡ

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

8:00   シャトーメール出発~ボルドーへ
    予定通り出発。今朝は小雨が降り今回の旅行は残念ながらお天気には恵まれない一週間であった。ボルドーも10月いっぱいはほとんど毎日明るい太陽でブドウの生育ワインの出来は最高とのこと。09年は05年以上とも!

DSCN0685.JPG
 10:57   ボルドーTGV 0526 St Jean駅発 2号車 13名
     カヌレのお土産、昼のサンドウィッチ・飲み物など買い込み
無事一等車に乗り込み。食後は景色より全員爆睡

P1020142.JPG

11月04日サンテミリオン散策からオーメドック、Ch.メイール

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

20091104_090.jpg20091104_010.jpg8:25 ホテル発 久しぶりに朝からお日様。気持のよい朝。
8:30 クロサンジュリアンへ
20091104_019.jpg
日本のワイン専門雑誌にも取り上げられるほどシッカリとしたスーパーワイン。『ワインナート』などでは新しい作り手などと紹介していた。
クロサンジュリアンの畑は小さい区画のこともあり美しく管理されていた。少量生産のクロサンジュリアンだけの醸造所に変わっていた。クロサンジュリアン2007年を飲ませていただいたが若々しく芳醇。なかなかの出来。パポンさんはいつもながら自然体で優しい。ワインづくり・その出来ともパポンさんらしさが出ていて素晴らしい。
20091104_031.jpg
10:00 ヴァランドロー訪問 (テースティング&カーブ)

ブティックで、キャロリーヌさんが準備してくれた出し値10ユーロ以下の比較低価格のバランスの良いワイン10種類のテースティング会を行う。
20091104_032.jpg
サンテミリオンの旧市街散策
20091104_054.jpg
10分ほどカスティヨン方面に車で行くヴァランドローの醸造所へ。このカーブ内もチュヌヴァン氏の方針で、真っ白で清潔なクリーンルームとなっていた。ヴァランドローを飲ませていただき一同感激。
20091104_059.jpg
20091104_064.jpg

14:30 ポムロール シャトー クリネ訪問
若いロナン氏の新しい造りへの挑戦が随所に現れる最新設備の説明を伺った。スイック輸入開始したワインRONINはこのロナン氏の
名前を模した、アントルドメール地区のぶどうから造られる新しい赤ワインとのこと。今日も昼から激しい雨が降り出す。
20091104_074.jpg

20091104_082.jpg
20091104_088.jpg
  16:00 コート・ド・ブライ生産者訪問
20091104_102.jpg
人の良さそうな当主のお父さんと子供たち・孫娘が歓待してくれた。テースティングは赤のみ。パテなどおつまみも用意してくれた。夕方になり天気回復。夕焼けも綺麗。スイックとの直接取引は作さんの方でよければ、グリエとしては異存ない。白は確かに半分の600本を毎年確保する予定とのこと。
20091104_097.jpg
 18:00 ジロンド河をフェリーで渡りシャトーメールへ
20091104_104.jpg
20091104_113.jpg
この旅のハイライトのひとつジロンド河を、はしけのようなフェリーで渡る。幸い雨もすっかりあがり、水はまっ茶色だが比較的河の流れもゆるやか、川風が心地よい。皆でのんびりした短時間の河渡りを楽しんだ。

18:30 シャトーメール到着
20091104_044.jpg
20091104_053.jpg
 19:00 シャトーメールカーブでの歓迎会引き続き、夕食会
      醸造長のディディエ氏が待っていてくれ、さっそく新しい醸造所・カーブに案内していただく。新しい発酵槽・機械摘み取り機、さらに大きくなったカーブは美しく整備されていた。ぶどう栽培・醸造方法はマダム退任とは関係なく、ディディエ氏の指揮のもと同じメンバーがあたっている。但し09年ワインより3年計画でBIOに変更中。11年には認定を取る予定とのこと。歓迎会のアペリティフは、ホテル部門マネージャーのイザベル女史も加わり、シャトーの入り口の部屋で一時間ほど行われ、その後ダイニングでの夕食をいただいた。
20091104_066.jpg
IMG_2395.JPG
20091104_076.jpg