2009年2月18日

09年02月17日オーストラリアワイン試飲会

  • Google Bookmarks
  • Yahoo!ブックマーク
  • はてなブックマーク
  • del.icio.us
  • livedoor クリップ
  • POOKMARK Airlines
  • ニフティクリップ
  • Buzzurl
  • newsing it!

オーストラリア大使館での試飲会でした。
アイテムはシャルドネ6種、シラーズ6種結構目いっぱいのワインテイスティングです。
プレゼンターは今年のソムリエ日本代表の森覚さんでした。
シャルドネのアイテムは
Leeuwin Estate Art Series 2006 
Cullen Kevin Johon Chardonnay2006
Hardys Eileen Hardy Chardonnay2006
Coldstream Hills Reserve Chardonnay2006
Giaconda Estate Vineyard Chardonnay2005
シラーズのアイテム
Peler Lehmann Stonewell Shiraz2004
Tarbreck Run Rig2005
Mount Langi Ghiran Shiraz2005
Shay+Smith Shiraz2006
Clonakilla Shiraz Viognier2005
Yering Station Reserva Shiraz Viognier2006

こんな感じでした。
まず、シャルドネは重たい樽香の強い&果実実の強いイメージが強かったのですが、その予想は、シッカリと裏切られHardysのシャルドネは目をつぶって飲むと上質のピュリニー・モンラッシェを髣髴させられ、Shaw+Smithはムルソーのようでした。しかし、どのワインにも少し酸が足りない気がしたのは僕だけ?
個人的な意見としてはLeeuwinのワインはマーガレット・リヴァーということもあり何度か訪れてり、愛着があったのだが、ここもやはり大きく味わいが変わり始めていた。
LeeuwinのChardonnayのクローンは『メンドーサ』と言う、あまり苦味の出ない品種だそうで、そのおかげでスキンコンタクトをして、シッカリと味わいとフルーティーな香りが心地よい感じがした。
6番のGiaconda Estateのシャルドネはチョッと癖があるが、新しい作り方を考案中のものだそうだ。

驚いたのはシラーズでした。
以前のオーストラリアのように焼けたような印象で、チョッと濃い目の味わいで、チョコレート風味の味わいが中心の物も1番にはありますが、なんと、フランスのコート・ロティーを思わせる味わいのヴィオニエを数%ブレンドしているという。
なかなか美味しいワインがいっぱい出来ているのには正直ビックリしました。
いや~ワインって面白いですね。


このブログ記事と同じカテゴリのブログ記事